負け続けるきっかけの巨人中日戦

先週の金曜日、東京ドームの巨人中日戦を見ました
招待券の交換所では、早くも一塁側の席がなくなっていました
試合開始前の3時間は、近くのHUBで暇つぶし
腹ごしらえと、前哨戦の大騒ぎでビールが瞬く間になくなった
ドームの前のHUB

3塁側の席に着くと、グランド整備、始球式、応援合戦と盛り上がっています
交流戦後最初の3連戦
パリーグに大きく負け越した結果、混セになって中盤戦に突入
先発陣の出来がよくて、中半まで1対1
巨人はノーアウト3塁で祭高給取りの慎之助君は、大きな空振りの三振、無得点
中日はレジェンド和田が出塁して満塁も無得点

DSC_9107ドーム

DSC_9129ドーム

DSC_9155ドーム

DSC_9139ドーム

DSC_9147ドーム

DSC_9152ドーム

観客にはつまらない投手戦だった

その後中継ぎ押さえが、抑えられずの乱打戦
何とも後味の良くない試合だった
その後の巨人の負け方は、哀れ
混セがますます混沌としてきた
スポンサーサイト

ピラタス蓼科スノーリゾート

標高1770mにあるスキーリゾートのピラタス蓼科は、雪質がとてもいい
北八ヶ岳ロープウエイでゲレンデトップへ行くと標高2240mで、日本で三番目に高い所にあるゲレンデです
ちなみに、1位は中央アルプス千畳敷で2830m 、2位は志賀高原(横手山・渋峠)の2307m 、3位がピラタス蓼科とおんたけの2240m
とても暖かな日だったが、雪質は全コースとも最高でした
暖かいとはいえ、ロープウエイで山頂駅に行くと気温が-10℃でした
ロープウエイのゴンドラが凍り付くと危険なため、運行中にもかかわらずゴンドラの屋根に乗って、氷を叩き割ってい田のには驚きです
ゲレンデの最長距離は4Km、標高差470mで最高の雪質でのスキーは楽しい
お昼近くには、トン汁の無料サービスがありました
4杯おかわりをした豪傑がいました
せわしい感じが全くしなくて、最高の施設と雪質のゲレンデ・・・良い所でした

氷とりのためゴンドラの屋根に乗った勇敢な人
D70_4822ピラタス

D70_4910ピラタス

D70_4826ピラタス

ゲレンデトップは、標高2240m
D70_4820ピラタス

D70_4735ピラタス

ゲレンデの西に蓼科山の頂きが見える
D70_4895ピラタス

D70_4884ピラタス

トン汁のサービス
美味しくて温かでした
D70_4955ピラタス

D70_4948ピラタス

筑波山登山

筑波山登山をした
以前天候不順で行けなかったリベンジだ
目的は登ること
ルートは筑波山神社から白蛇弁天経由女体山山頂(2時間)の予定だった
大きな誤算をしたことに気づいたのは、車で筑波山に上がり始めたころ
とんでもない渋滞だった
しばらくして駐車場入場待ちだということに気付いたが、後の祭り
筑波山神社付近の駐車場はことごとく満車だった
筑波山の紅葉が見ごろだというNHKの9時台の気象情報で報道されたためか、神社からのケーブルカー駅付近には近寄ることができなかった
つつじが丘に方向を変えて、無事駐車したのは、予定の時間を1時間過ぎていた
遅い昼食の後女体山頂へ目指して登り始めると、またまた人の列で渋滞
女体山山頂へ到着したのは1時間の予定が1時間半かかってしまい、日没の時間が迫っていた
このコースは、奇岩や巨岩が多く楽しいコースだ
時折紅葉が美しく、見通しがきく晴天だったので、汗をかきつつ上った
男体山方面に向かうと、ケーブルカーに乗る人々が長蛇の列だった
天気の良い紅葉シーズンなので家族連れが多く、皆楽しんでいた
遠くにスカイツリーが見えたが、夕方の空気がどんより沈んで黄色く見えた
日が落ちると、富士山が夕焼けの中にシルエットで浮かび感激した
紅葉の真っただ中の土曜日の筑波山は、大勢の人であふれていた

IMG_1954筑波山

IMG_1956筑波山

D70_7680筑波山

D70_7681筑波山

D70_7690筑波山

D70_7697筑波山

D70_7708筑波山

D70_7713筑波山

D70_7717筑波山

D70_7723筑波山

D70_7735筑波山

D70_7737筑波山

D70_7741筑波山

D70_7747筑波山

D70_7752筑波山

D70_7773筑波山

D70_7780筑波山

おめでとうKei Nshikori、ウインブルドンベスト16へ!

ウインブルドンで錦織圭さんが、ベスト16に進出する快挙です
昔、松岡修造さんがベスト8に進出しましたが、それ以来の出来事です
ただ、その時と違うのは、松岡さんはランキングのベストが48位でした
錦織さんはランキングのベストは9位です
これから成長が期待できるので、ますます楽しみになりました
とりあえず、錦織さんおめでとう
You did it!
Congratulations

錦織圭さんのHP
http://keinishikori.com/
Nishikori2.jpg

ウインブルドンの公式サイト
http://www.wimbledon.com/en_GB/players/overview/atpn552.html
Nishikori1.jpg

今日FaceBookの錦織さんサイトでの3回戦勝利速報のときの写真
Nishikori3.jpg

筑波山登山

筑波山に登ろう、との話が何となくまとまって、登ってきました
暑さを覚悟したけれど、午前中はお日様は雲の中でした
おまけに、早朝からかかったガスが晴れず、酷暑の中を登らずに済みました
しかし低山とはいえ、ほぼ真っ直ぐに岩がごろごろする道を上るのは、きつい
全身から汗が噴き出してきます

景色の見晴らしは最悪
霧に包まれているような下界
登山道は靄に包まれたかのようでした
この時期は季節のはざかい
草花を楽しむ機会が少ない時期です
それでも、ひたすら登って歩きました
楽しみは山の上でのランチとビール
おまけは、帰りがけの立ち寄り温泉
子供たちのようにすいすい歩けず、しかしノンビリと新緑の山をくまなく楽しんだ一日でした

DSC_2250筑波山

DSC_2254筑波山

DSC_2255筑波山

DSC_2259筑波山

DSC_2273筑波山

DSC_2274筑波山

DSC_2276筑波山

DSC_2282筑波山

DSC_2299筑波山




テニス合宿

毎年5月になると、恒例のテニス合宿があります
那須か鹿島あるいは白子に行くのです
今年は鹿島ハイツスポーツプラザでした

若干の不都合な人がいたので、今年は総勢18名
二日間にわたってのテニス三昧でした
そして長い夜は飲んで話して・・・
睡眠もほどほどでの合宿は、楽しいものでしたが、寄る年波にはこたえました

天気に恵まれて、一層真っ黒になってしまった土日の合宿でした

983996_464128860338934_1158615115_n.jpg

D70_1564_20130528230132.jpg

集合5-1

テニス

初テニス

今日は初テニスの日
最悪の気温の低さでしたが、風がなく穏やかなテニス日和でした
朝九時から午後一時まで、どれほどゲームをしたのだろう
休みなしのテニスでしたが、心地よい疲労感でした
これで、正月に増えた体重が少し減ってくれれば良いのですが・・・

今年最初の鳥さんは、エナガ
3日に手賀沼遊歩道で遊んでいました
この日は北西の風がとても強く、自転車の10㎞の往路は苦労しました
それでも、時速15㎞ほどで走りついた遊歩道で、エナガがさえずり遊んでいたのがうれしかった
強風の中、枯れた葭原と歩道わきの木を往復していました
この鳥はいつみても愛くるしく思います
D70_6804.jpg

D70_6800.jpg

D70_6784.jpg

D70_6797.jpg

D70_6785.jpg

D70_6766.jpg

ブルーベリーヒルのテニス

テニス仲間とルーベリーヒルで小合宿したのは、先週だった
晴天が続いた木曜と金曜
泊りがけの飲み会のつもりが、テニスに熱が入った楽しいゲームが続いた
木曜は、午後日没までの4時間
金曜はチェックアウトまでの2時間汗を流した

この先の明るいところにテニスコートがあるDSCN7330.jpg


テニスコートは、芝生の丘の窪地にある
周りにフェンスがないので、窪地から転がり出たボールは、隣のコートまで侵入する
東に海を臨み、それ以外は森の緑がきれいだ
澄んだ空気と青と緑に囲まれて、爽快だった
D70_2618.jpg

D70_2621.jpg

D70_2639.jpg

D70_2690.jpg


宿泊は、ゲストハウス
ヒルの北の端にある、静かで広い空間だDSCN7336.jpg夜遅くまでとめど無く呑んで語らったのは久しぶりだった
テニス仲間の一人が、大学の後輩だったという思わぬおまけまであった
当然、満天の星が輝く星空も写真に収めた


朝は、明るくなるとヒルを歩いた
東の海は朝日で光っていたD70_3091.jpg

20万坪の敷地をのんびり歩く目的は、野鳥を探す事だった
多くの野鳥に出会った
さえずる声はさらに多かった
うれしいのは、いつも出会うイソヒヨドリがいたことだった




久しぶりのテニス日和

朝まで吹き荒れた風雨が収まって、30度を超える夏日になりましたね
久しぶりのテニス日和でした

朝から4時間
テニスで汗を流すと、暑い夏の日差しと蒸暑さが、本格的な夏の到来を感じさせてくれました
この夏一番の暑さが少々こたえたけれど、久しぶりのテニス日和を堪能しました

てにす2

てにす3

てにす4

てにす5

てにす6

てにす7

テニス合宿

土日はテニス合宿
例年今頃に行い、真っ黒に日焼けしてしまう

今年は、那須高原
とても良い天気に恵まれた二日間でした
那須は新緑が美しい季節
空気が美味しく感じました

土曜日は11時にホテル近くのレストランで集合
全員で18名がそろってから、ランチ
那須高原の野菜と那須牛を使ったヘルシーでおいしいランチでした

ホテルに到着後、13時から合宿開始
16時まで、思い思いにゲームを楽しんだ

テニス合宿4


池の傍にあるレストランでしゃぶしゃぶの夕食後、二次会は部屋で・・
二次会の間に、ホールでソプラノ歌手のコンサートを聴いて、また二次会の続き
前夜祭は夜更けまで続きました

テニス合宿1

テニス合宿2

温泉を浴びて、目を覚ました日曜日の早朝
1時間ほど森林浴
木立の新緑がまぶしい
テニス合宿5

テニス合宿7


午前中3時間かけて、試合を行い団体戦と個人戦を戦った
終わったころはへとへと・・
楽しく、つらい合宿でした

テニス合宿8

テニス合宿3


水の上を走るオオバン

坂田ヶ池のオオバンは、投げ込まれた、餌を奪い合う
激しい、争奪戦だ

0321オオバン1


0321オオバン4


混乱にかこつけて、背中にちゃっかり乗ってしまう
重いな~と振り落される
どんな時も、遊びが入ってお茶目だ
0321オオバン3


うまくキャッチしたオオバンは、餌を奪われるのを防ぐのに、その場から逃げる
逃げ足が速すぎて、水の上を走る
沈まずにどんどん遠ざかる
神業だ!
0321オオバン2


人間が水上を走れるかどうか・・・
そんなことを、一生懸命研究している人がいる
はたして、人間は忍者のように水上を走れると思いますか?