スマートフォンの悲劇

2年間愛用した、格安スマートフォンに災難があった
1週間前のとある会議が終わってみると、床にスマートフォンが落ちていた
よく見ると私のものだ
拾い上げてみると、ないかがおかしい
液晶の保護ガラスが割れているのだ
私のカバンからすり抜けて、冒険をしようと抜け出したらしい
そして、誰かに踏まれて大けがをした
スマートフォン自体は機能しているけれど、液晶面を指でなぞるとガラスが刺さりそうだ
修理する費用を調べると、買った価格の60%ほどだった
Zenfone 5 Liteはカメラが貧弱だったので、新しく買うことにした
D70_7386スマホ

D70_7388スマホ

買ったのは同じメーカー台湾のASUSの格安スマホ、Zenfone 3 Max
今度はカメラはごく普通のものだが不満はない
何せ以前のものは最悪の画像だった
内部ストレージは2倍の16Gになったので、ゲームをしない私には十分だ
怪我をしないようにケースに入れた
D70_7393スマホ


壊れたZenfone 5 Liteはに保護用のガラスフィルムを張って怪我をしないようにした
wifiでつながっているので、小さなタブレット端末代わりに使っている

スポンサーサイト

windows10 PCの更新

Windows8.1から無償アップグレードしたwindows10PCが不調だと、知らせを受けた
6~7年ほど前に組み立てたAthlon64、windows7のパソコンは、快適にユーザーの友として活躍していた
windows7から8.1を経て、昨年秋にwindows10に乗せ換えて快調に仕事をしていた
それが、画面がみずらくなることがよくあるという
確認すると、ノイズだ
マウスやキーボードを触ると、ノイズが画面上を占領する
パソコンのスイッチを入れて時間を経るほどに出現する頻度が上がった
マウスやキーボードを変えても変化はない
液晶などのケーブル類は異常はなかった

マザーボードは、Biostar TA780GM2+ だ
マザーボードの不良だと断定して、windows10のバージョンを確認した
バージョンは1607だった
ローカルアカウントでチェックインしていたので、マイクロソフトアカウントの登録をした
また、windows10ダウンロードツールを使って、windows10をダウンロードした
この時点で、パソコンはダウンし、以後目覚めることはなかった

メモリーは手持ちのものを流用、マザーボード、CPUを更新した
マザーボードはBiostar Hifi A70U3P
CPUは、AMD A8 7600
マザーボードにCPUとメモリーをのせて古いのと置き換えると、ハードディスクが動いてwindows10が立ち上がった
Biostar以外のマザーボードを使うと、ゼロからのインストールが必要だから、ありがたい
windows10のログインをマイクロソフトアカウントで行えば、windows10のデジタルアカウントが有効で、認証が直ぐとれた
リフレッシュしたPCは、ユーザーのお宅で何事もなかったかのように、今まで通り仕事をしている

奥(左)が新しくPCに組み込んだマザーボード、手前(右)が壊れたマザーボード
DSC_9968PC.jpg 
購入したマザーボードとCPU
DSC_9942PC.jpg 
マザーボードにCPUとメモリーを組み込んだもの
DSC_9957PC.jpg 


秋葉原でほしかったもの ノートPCの修理

最近の一番の楽しみは、稀勢の里の綱とり
昨日二横綱が二敗になって俄然チャンスが来た・・・・と思った
しかし今日稀勢の里が二敗目を喫して、楽しみが半減した

先週秋葉原へ行って一日歩き詰めた
欲しいものがあったが手に入らなかった
ノートPCのキーボードと基盤をつなぐコネクターだ
PCにはもう一つ不足しているものがある
キーボードを支えるフレームだ
これを捜すと、行きつくところ同じ機種のジャンク品だ
しかし、windows7 から10にして使える代物だから、ジャンク品は出ていない
中古品はあるけれど金額が高い、新しいPCを買ったほうがいい
D70_2933PC.jpg D70_2942PC.jpg D70_2947PC.jpg 
それで、最終的には薄型で小型のブルートースキーボードを張り付けるのが良いことになった
そう割り切ると安心した
その前に、USBキーボードの超小型がある
タブレット用に購入したが、使っていない
タブレットで複雑な入力をする作業は不向きだった
そのキーボード(タブレットを固定するケースに組み込まれた)を解体し、ノートPCに取り付けた
まるで小学生の夏休みの工作だ
とりあえずキーボードが取り付き、機能上は問題なかった
PCの開閉もできて持ち運べる
しばらく使うことにした
D70_2955PC.jpg 

Nikon1 70-300 VR

新しいレンズを手に入れた
ニコン1レンズで、70-300 VRだ
これで野鳥の写真を写そうというわけです

今まではシグマの150-500mmを使っていたけれど、カメラとあわせて3Kg
そろそろ持ち歩く時間に限界が出てきた
一日中持ち歩いて、あちこち歩き回るのがつらくなった

新しいシステムでは1Kg弱
とても軽い
しかも画像センサーの大きさの比較で、500mm以上の拡大率で写せる
早速試写した

オオバンの赤ちゃん
DSC_3741Nikon1.jpg

バン
DSC_3910Nikon1.jpg

チュウシャクシギ
DSC_3777Nikon1.jpg

ホバリングするチョウゲンボウ
DSC_3807Nikon1.jpg

さえずるオオヨシキリ
DSC_3868Nikon1.jpg

こんなものかと、期待通りだった
DSC_9668Nikon1.jpg

DSC_9676Nikon1.jpg

今週のパソコン

今週はパソコン関係で時間を費やした

1)windows7ノートPCをwindows10 にしたら、動作不良になったものの対処
 DynaBookは多くのユーザーに愛好されているが、windows10 へのアップグレードに対応していないものがある
個人ユーザーが求めやすい価格帯のものは、ほとんどがサポートされていない
一方、個人ユーザーの多くは、マイクロソフトが10にできますよとの投げかけに呼応して、アップグレードしてしまう
メーカーがサポートしてるかしていないかなんて、事前に調べるケースはまれだ
ついつい10にアップグレードして、メール、インターネット、文字化け、ディスプレイ表示の不適正など・・・・起きている
すべてが事前調査不足で、メーカーがwindows 10用のドライバーに対応していなかったり、システムの一部を書き換えてくれないからだ。

今回持ち込まれたのは、Dynabook T451/58EB。
リカバリーディスクを作成していなかった
まず最初に、すべてのデーターのバックアップ
続いて、ハードディスクリカバリーによって、工場初期状態に戻す
周辺機器のすべてを外し、0(わ)キーを押しながら電源を入れると、ロゴマークが表示され、その時にキーを離す
1度でできなかったら、繰り返し行うと、リカバリーが始まった
東芝のサイトで詳しい説明がある

無事復活したDynaBook
PC07.jpg

012420a[1]

東芝のサイトでのリカバリーの説明
012420b[1]012420c[1]012420d[1]012420i[1]012420k[1]

初期状態に戻すのに、2時間近くかかる
さらに、Windows updateが300件近くあるので、半日ほど必要だった
データの復元を含め、2日ほどかかった

2)Windows10デスクトップの作成
windows VISTAのPCのユーザーが、PCを更新するので、作成した
Vistaを持っている人は不幸中の不幸で、メーカーやMicrosoftは知らぬふり
結局買い替えることになる
このユーザーは、富士通のVistaマシンで、HDのCドライブの領域が狭くて使いにくいようだ
使用目的がビジネスなので、小さくてコストパフォーマンスの高いPCにした
CPUはAMD、500GのHDD、RAMは4Gにした
組立は2時間、初期設定が1時間、ソフトウエアダウンロード、アップデート、諸設定に1時間要した
これから搬入設置だ
PC01.jpg
PC04.jpg
PC02.jpg







WindowsXPの再登場

年末の整理をしていたところ、腰が痛くなった
単なる腰痛ではないことが、すぐにわかった
体が温度変化に敏感で、寒かったり汗が出たりした
おなかの具合が悪く、節々も痛く、頭痛がする
風の初期症状だが、長い
もうすでに三日目だ

そんな中、マイクロソフトのウインドウズに振り回された27年間の整理をした
市販のパソコンとの付き合いは、MS-DOS時代からでした
MS-DOSマシンを購入して、幼かった子供と楽しんだものでした
その後Windows95と付き合うようになって、Internetのご利益にあずかったのです
時代とともにWindows98、2000、XPと付き合って、Windows7、8.1、10と進化しました
Windows XP以降は、アップグレード対応版を購入していたので、パソコンにトラブルがあって、再インストールするのは大変でした
10になってうれしいことは、再インストールする場合10のみで済むことです
これはとても大きなメリットだと思う

いろいろと整理をすると、デジタルビデオテープが20本ほどあることを思い出した
さらに、年代物だけれどフィルムスキャナーとして利用するために購入したスキャナーがある
この双方は、Windous XP時代のものなので64ビットのWindows7やwindows10では動かない
現在現役のPCは10が3台、7が1台と、お蔵入りしたXPが1台
ほこりをかぶったXPを引っ張り出して、メモリーとIEEE 1394カードを増設し、再登場してもらった
左下がXPマシン、その上はフィルムスキャナー、その上に載っているのはデジタルビデオカメラです
ダイの写真の下に設けたXPマシンのセットには、ダイの若かりし頃のビデをを写して偲みました
使っていないアンプをサウンドブラスターに接続すると、いい音が出た
DSC_8527XP.jpg

ドライバーやソフトがないので、一時的にインターネットに接続
XPのサポートは申していないので、マイクロソフト関連のソフトのダウンロードはできない
それでも、カメラやスキャナー、サウンドブラストなどのサポートは受けられた

3日かけて、デジタルテープをパソコンにダウンロード
今年我が家で最大の出来事は、愛犬ダイが他界したこと
デジタルビデオには、幼いころからのダイの記録がたくさんあります
年末の風邪と腰痛でぐずぐずしていたけれど、XPの復活でダイに会うことができました
写真のフィルムとアルバムの写真は、来年以降のんびりと整理したい
我が家ではWindows XPマシンは現役復帰です
DSC_8563XP.jpg

DSC_8567XP.jpg

DSC_8571XP.jpg

DACとAMP

PCにため込んだ音楽ソフトを、DAC経由でアンプにつないでいた
それが、妙な音がするようになり、ノイズが目立つ
以前から感じていたが、シールドが不完全だからかなと思っていたが、どうやら違うようだ
DENONのアンプは、長年の疲れからダウンしたようだ
予備のPIONEERのアンプに変えてみると、ノイズは全くなかった

FOSTEXのDACを購入した時に、中華アンプに興味があった
カーオーディオアンプとして作られたもので、格安
これで16cmバスレフを鳴らそうというもの
サブウーファー出力があるので、PIONEERのサブウーファーをつけて鳴らしてみた
クロスオーバー周波数は、50~200Hzでセッティングを変えられる
鳴らしてみると、比較的素直な音が出た
40Wx2+66Wx1の出力は十分すぎるほど
さすがPhillipsのaudio power ICを使っているだけあって、超廉価版の割にはすぐれものだ
しばらく使い込んでみて、つぎはサブウーファーの自作だ

FOSTEX製DACを上に乗せた、中華AMP
DSC_8468.jpg

DSC_8513.jpg

メインのバスレフスピーカー
16cmのフルレンジにツイッターの2way、クラシックやジャズにとてもいい自作スピーカー
右のサブウーファーは将来自作して置き換える
DSC_8498.jpg

DAC(デジタルアナログ変換器)を使ってみた 

PCオーディオといえば、DACとPCをUSBで接続し、アンプとスピーカーで音楽を楽しむ
ヘッドフォンを活用するのもいい
私は従来S・・・B・・・という、カードをPCに内蔵して音楽を楽しんでいた
サンプリング周波数は96KHz、分解能は24bitの優れもので、ハイレゾ音楽が楽しめる
しかしこれに大いに不満がありました
音の分解、独立性がよくなく透明性にかけていました
SN比も小さくノイジィー、大音量で割れるような音でした
そこで、今回は超格安DACを購入してみました
USBでPCに接続、古くから愛用しているDenonのアンプにつなぎ、Fostexの16cmフルレンジとツイッターを付けた自作バスレフスピーカーを鳴らしてみました
これがまた、心地よい音でなったのです
クリアーな音で、SN比はよさそう
高出力の低音部は、音が割れずにすっきりと出ていました
バッハ、ショパン、モーツアルトは個性的に演奏され、ロンカーターのベースは小気味よく聞こえる
フィガロの結婚、グローリアミサ曲などの声楽曲は大きなホールで聞いたよう
ブラームスの弦楽局は滑らかに響き、ジャズが軽快
大好きなジャニスイアンとジョンデンバーは声が良い
小音量でも、大音量でも・・・
スペックだけでは物語れない・・・そんな体験をしました
page2 DAC

page3 DAC

page1 DAC

windows10へアップグレード

メインのデスクトップパソコンは、長年愛好している
これまでにwindows7から8になって、さらにこのたび無事に10に進化した
7月以来、windows 10へアップグレードを促すメッセージが頻繁に出た
そして10にするためにアクションをとると、いつも拒否された
「セットアップを使用してUSBフラッシュドライブにwindows をインストールすることはできません」というのだ
USBメモリーにwindows10をダウンロードして、セットアップをしても同じだった
調べてみるとドライブのレジストリーに問題があるらしい
regeditとコマンドプロンプトで入力し、開いたレジストリーエディターでPortableOperetionSystemの値を”0”にした
これで問題は解決し、USBからWindows10のインストールが無事始まり、1時間15分後にインストールは終了した
その後は、10の新機能の紹介などが5分ほど続き、Cortanaという案内人が登場
Cortanaは文字と音声で検索や調査をしてくれる
iphoneやアンドロイドスマホで体験しているのと同じだ
リセットされて、ログインをするといくつかの説明が登場、その後になってようやくwindows10を自由に使えた
使い勝手は良くて、8.1とあまり変わらない感覚だ
若干苦労したのは、ウイルスソフトが行方不明で機能しなかった
新規にインストールしたら、すでにあるから・・・といってインストールできない
仕方なく、コントロールパネルの「プログラムと機能」でウイルスソフトをアンインストールした、再インストールした
などなど、少々手間のかかることが若干あったが、快調なwindows10で、8.1より軽快だ
DSC_8229 win10

DSC_8217 win10

DSC_8220 win10

DSC_8237 win10

DSC_8247 win10

DSC_8278 win10

DSC_8340 win10

DSC_1786 win10

DSC_1789 win10

DSC_1797 win10

DSC_1807 win10

DSC_1816 win10

DSC_1821 win10

DSC_1826 win10

DSC_1835 win10

ウィンドウズ7から10へアップグレード

2011年の春、アメリカ旅行に持っていくために購入したNetBookは、大型化したスマホやタブレットに主役は奪われた
今ではプレゼンや打ち合わせのために持ち歩くのが主目的で、出番がトンと少なくなった
そのNetBook(ASUS EeePC)にウィンドウズ10へのアップグレードのお誘いが来た
マイクロソフトのお誘いに乗る前に、ASUSのHPで対応しているかどうか調べると問題なかった
早速、アップグレードしてみた

                   これがNetBook、ASUS EeePC
                 windowsXPを7にアップグレードしたもの  P_500.jpg
マイクロソフトからのお誘いは、とても簡単にできると書いてあったDSC_7000 win10

早速始めてみる
DSC_7592 win10

20分後には70%ダウンロード
DSC_7658 win10

45分後にインストールが始まった
DSC_7663 win10

インストールに結構長い時間かかった
1時間25分後にインストールが終了
DSC_7719 win10

そして、PCのセットアップが始まる
DSC_7729 win10

その後、セットアップ中に、何度かメッセージが出る
DSC_7739 win10

DSC_7741 win10

DSC_7743 win10

DSC_7748 win10

2時間15分後にセットアップ終了
Windows10の初期画面になる
DSC_7754 win10

DSC_7763 win10

Windows7の時よりも、きびきびとしている
もちろん、インストール済みのソフトは、そのまま使える
ついでに、メモリーの増設をした
購入当初のまま1Gだったものを2Gに・・・
この投資は効果てきめんで、とても軽快に動いてくれる
NetBookの活躍する場面が、増えそうだ
とりあえず、明日からの小旅行に携行して、ブログアップしてみよう
メモリーを増設したにも関わらず、
Windows10のシステムを見ると1Gのまま
BIOSで確認すると2Gだった
DSC_1653 win10

DSC_1656 win10








         

久しぶりのパソコン組み立て

とても久しぶりに、パソコンを組み立てた
義兄、千住閑人帳さんの依頼だった
今回は、各種デバイスはクラッシュしたパソコンのものを使いまわしします
したがってパソコン本体の制作でした
ASUS TeckのマザーボードA88XM-PLUSとAMDのCPU、A8 7670Kの組み合わせです
RAMは8GB、1TのHDD、DVDマルチプレイヤーがメインの部品だ

ケースにマザーボードをアッシーして、操作パネルのスイッチ、LEDやUSB,オーディオのフロントパネルへの接続をしました
D70_5470w10pc.jpg

次に電源(500w)を装着すると、ワイヤーがケースの中を占拠した
DVDとHDD,メモリーを装着し、電源を必要箇所に設定する
D70_5471w10pc.jpg

CPUを取り付け、CPUファンを載せると、パソコンの基本的な組み立てが終わる
D70_5474w10pc.jpg

D70_5483w10pc.jpg

D70_5489w10pc.jpg

ウインドウズ10はUSBメモリーで供給される
ディスプレイ、マウス、キーボードを接続し、無線ラン子機を取り付けて、インストール始めると、エラー表示された
再起動が自動的にされて修復作業が始まったが、うまく行かなかった
原因もよくわからず、途方にくれた
原因と思われるものをつぶすことにした
原因を、HDDの状態と推定して、パソコンのセッティングを確認し、HDDをクリーンナップし、初期状態にした
再度Windows10をインストールすると、あっという間にインストールが終了した
HDDの初期設定に不備があったようです
今日、無事ユーザーに納品しました
D70_5508w10pc.jpg

D70_5513w10pc.jpg

i-phoneから格安スマホに

私の最近の出来事は、結構面白い
ある朝パソコンのスイッチを入れたら、変な音がして立ち上がらない
間違いなくハードディスクの故障だ
あきらめきれず何度か試す・・・明らかにハードディスクのアクセス音が変だった
結局パソコンはあきらめて、サブ機のノートパソコンとタブレット端末に切り替えた
新しいハードディスクを購入して・・・・後でリニューアルする予定
しばらくはサブ機に活躍してもらいます
DSC_7285PC.jpg

もうひとつの出来事は、スマホの変更だ
これまで使ってきたi-phone5は、電池の容量が小さくもちが悪いからi-phone6に変更しようとした
しかし、現在より2000円近く月額の支払いが増えることがわかった
端末の割賦払いが終わった時点で、月々の通信料の割引がなくなり月々の支払いも変わらない
何かと打開策を調べて、行き着いたのは格安スマホへの乗換えだった
端末はASUSのZenfone5、アンドロイド端末だ
購入価格は、i-phon6のおおよそ1/3なので、一括購入した
通信料は、7Gの通話SIMで2960円
端末代を24ヶ月で分割して含めても、毎月1000円安くなった
25ヶ月以降は、毎月3000円安くなる
iosとアンドロイドは犬猿の仲、アドレス帳を素直に移行できない
アンドロイドに慣れるまで少々時間がかかったが、格安スマホとはいえ侮れない存在だ
D70_9860PC.jpg

手作り;ワンコの服屋さん

ワンコの服を手作りしている小さなお店があります
8月から勉強を始めて、ショップを開業しました
Orionパソコン教室で勉強を始めたのが8月
CSSやHTMLのアドバイスはしたけれど、ホームページの仕組み、写真の処理の仕方などを勉強して、開業にこぎつけたのです
我が家のワンコに、服を作っていただきました
オーダーメードなので、体に合うよう調整してくれます
ダイは巨大なシーズ、ミキは療養中でヤセッポチです
それでも素敵な服になりました
愛犬家、愛猫家の方にお勧めします
オーダーメードの犬の服屋さん ロコハウス を宜しく

D70_4507ダイミキ

D70_4504ダイミキ

D70_4499ダイミキ

D70_4510ダイミキ

DSC_5330.jpg

DSC_5331.jpg

IchigoJam届きました

昔、パソコンが普及する前にマイコンと称するものがありました
仕事で使うためのトレーニングで、NECのTK-80を組み立て、マシン語とBASICでプログラムを組んだことがあります
TK-80.jpg

最近、IchigoJamというものがあると聞いて入手しました
TK80とは大きさがずいぶん違いますが、Basicでプログラムができ、簡単なハードをコントロールできます
DSC_5324JAM 2

DSC_5322JAM 1

DSC_5325JAM 3

子供がプログラミングを学ぶツールとしてよさそうです
IchigoJamを開発したPCNのサイトを見ると、いろいろ楽しそうなことがたくさん・・・私は孫と一緒に遊ぼうかな?と思っています

パソコンの組み立て

久しぶりのパソコン工作です
先週の金曜日に兄が遊びに来ました
目的はパソコンの仕様の話

兄はパソコン2台で遊んでいるが、1台はXPマシン
これを更新するため、Windows8.1マシンを作成するのです

一通り希望を聞いて、部品を手配したのが昨日
今日の朝には、大方の部品が揃ったので今朝9時から組み立て開始
10時には大方終了
しかし、まだ来ていない部品が一つあるのです
メモリーは市川のデポからゆうパックで送られているのですが、この到着が遅い
ほぼ同時に送られたほかの部品は、関東圏内から宅急便業者で3つに分かれてほぼ同時(朝9時ころ)に到着した
我孫子に最も近い市川からがこんなに遅くなるなんて・・・・
仕方がないので、暇つぶしに買い物に出かけました
午後2時にゆうパックが到着
メモリーをつけて、パソコンを起動
Windows8.1のインストール・・・各種ソフトのインストールをして完了
Windos updateに時間がかかりましたね・・・

今回のPCは、CPUがAMD A-10 なのでやたら早い
後で増設する周辺機器のソフトの関係上、Windows8.1は32ビット版
従ってメモリーは4G
GIGABYTEのマザーボードのスペックともどもグラフィックが早い
私が組み立てたPCの中では、抜きんでて早くなった

それにしても昨夜NetShopに発注して、今日の午後にはすべてが終わるなんて、世の中便利になりました

朝9時に揃った部品
DSC_1965PC.jpg

最初に、micro-ATXケースに、電源を取り付けます
DSC_1969PC.jpg
DSC_1970PC.jpg

マザーボードを取り付けます
DSC_1980PC.jpg

CPUとCPUファンを取り付けたところで、メモリーが到着
DSC_1993PC.jpg
DSC_1998PC.jpg

メモリーを装着して配線をつないで動作確認
DSC_2001PC.jpg

Windows8.1をインストール、その他のソフトやupdateをして完成しました
DSC_2016PC.jpg

プリンター修理

年賀状の印刷が残り50枚ほどになって、プリンターがおかしい
チェックしろとのメッセージがたまに出て、そしてとうとうエラーメッセージを出して、STOP
仕方なく、かみさんのプリンターで年賀状は完成しました

さて、プリンターの修理を検討していると、インク溜がいっぱいになってるかも・・・と疑い始め、Netで調べるとその可能性が大きいことになり、プリンターを解体しました
プリンターのケースは上下左右に分解できるはず
でも、手がかりがなかなかつかめない
上手くできているものだと、感心するのみでしたが、しかし手がかりがつかめたら後は簡単でした
 
解体して上部ケースを外したプリンター
プリンター1

プリンター2


上部を外し、メカ部分を取り出し裏側を見ると、インクノズルチェックなどで吐出したインクはチューブを経由して下部のケースについているインク溜に貯められます
透明なチューブにはヘドロのようなインクが詰まっていました
プリンター3


そして、下部のインク溜には、高粘度のインクのインクがたっぷりたまっています
プリンター4


これらを清掃して(手が真っ黒になりました)組立たプリンターは、無事仕事を再開してくれました
プリンター5

プリンター6

パソコンの緊急事態

最近、パソコンのメンテナンスが多い
1件は、以前に話したウイルスのため、再インストールを余儀なくされた
もう1件はレジストリー異常、updateの手抜きが原因だった
そして、昨日はウイルスソフトの期限切れの警告に乗じて、必要ないPC最適化ソフトをインストール
ついでにウイルスが潜んでいた

そして今朝、私のパソコンがフリーズ
HDが動いてないかもしれない状態でした
確かに動作音がいつもと違う日が続いた
再起動ではうまく立ち上がららず、電源をおとして再度挑戦
HDが立ち上がったが、余命幾ばくも無いかもしれないのでHDを発注
夕方配送されたので、クローン作製ツールでPCのHDの複製を作って入れ替えて終了
DSC_7400PC.jpg

ところがもっと大変な事態が・・・
PCケースの中は埃がたくさん
特に、PCファンとヒートシンクに張り付いていて、このままですと熱でシャットダウンします
ファンを外して、ファンの内側とヒートシンクの埃を落とした
これで一安心
DSC_7397PC.jpg

DSC_7401PC.jpg

DSC_7403PC.jpg


ウイルス対策レポート

先週1台のノートパソコンが持ち込まれました
ひと月ほど前から、パソコンの様子がおかしい・・・とのことでした
電源を入れて確認すると、ブルースクリーンになってメモリーチェックが始まった
チェックが終わると、ウィンドウズ7とスタートアップの修正プログラムの選択画面になった
ウィンドウズ7が立ち上がると、スタートアップで設定されていないプログラムが立ち上がった、などなど・・
とにかくまともに使えない状態でした

パソコンのセキュリティー関係の記録を見ると
1)ウイルスソフトの使用期限が切れていた
2)Windows-updateがされていない
3)プラグインソフトのupdateがされていない 状態でした

ウイルスソフトを導入してチェックすると、なんとBackdoorやVirTool4種類のウイルスに感染
さらに、Trojanにも感染していた
ウイルスソフトで駆除できるのは、Trojan以外の4種類でした
Trojanを駆除する方法を数種類試みても、駆除できませんでした
結局、PCのデーターを退避してパソコンを初期状態に戻し、Windows7を再インストールすることになったのです
原因探索から、再インストール完了まで3日かかる大仕事になってしまいました

パソコンは日常の管理が大切だという典型的な例でした
次の心得をしていれば、ウイルスの侵入をやすやすとさせることはありません

   ■ パソコンをウイルス感染から守る日常管理
【1】 Microsoft Update(Windows Update)を実行する
【2】 Adobe Reader:最新版に更新する  
【3】 JRE:JAVAを最新版に更新する
【4】 Flash Player:最新版に更新する
【5】 QuickTime:最新版に更新する

ウイルススキャンで見つかったウイルスたち
無題

Torojanだけは駆除できなかった
無題2

PCのクリーンアップも効果なし
無題3

タブレット端末

タブレット端末を買いました
10インチのノートPCよりも手軽にサクサク扱えるものが欲しくて、KindleFireHDの7インチを買いました
もっとも、7月2日までの特別セールで安かったので、ついつい手を出しました


ベッドの中でもネットサーフィンができます
たぶん、旅行先で写真を取り込んで加工して、ブログにUPするなんて使い方ができそうです
気に入っているのは、PCから好きな曲を取り込んで持ち歩くこと
スピーカーで聞きごたえのある音がします

wifiは早く、ネットサーフィンはストレスゼロ
WordやExcelと互換性のあるdocuments to goやPDF、Adobe photoshop touchを入れると、パソコン並みの仕事ができそうです

クラウドに写真や音楽や、資料を置くと、メモリーを気にせず使えそう
楽しみなツールです

DSC_5554Kindle.jpg

DSC_5556Kindle.jpg

DSC_5562Kindle.jpg

レンズフード

今週の月曜日に、手賀沼を自転車で走っていてカメラのレンズフードを落としてしまった
カメラを背負い込んで走るのでレンズフードが回って、脱落したようです
いつも一緒に自転車で出かける愛機
酷使しているので、もうだいぶくたびれています

レンズフードをアマゾンで購入
今朝到着しました
真新しいフードをつけると、レンズとは不釣り合いなほど新しい
これでまた、撮影に出かけられます
フードを落とさない工夫をしなくてはいけませんね

新しいフードをつけたカメラ
DSC_5542フード

DSC_5529フード


以前写した葭原のオオセッカ
葭原

携帯電話

長い間携帯電話のお世話になってきました
いつからだろう、たぶん1998年からデジタルツーカーのJ-フォンを仕事で使いました
その後、ボーダフォンになり現在のソフトバンクに至った
足かけ15年の携帯電話との付き合いです
その間の進歩は素晴らしく、今は電話ではなくてコンピュータ世のものです

昨日、15年の付き合いを終えて、スマートフォンに替えました
ついでに、電話会社も変更しました

その動機は、よく出かける先でのつながりの悪さでした
これから改善されるかどうか・・・
もう一つの動機は、テザリング機能が有効だからでした

旅行先の山中で、インターネットを使うことが良くあります
そのために、Docomoのwifi端末を使っていましたが、これからは不要になります

D会でwifiの解約手続きをし、S社では携帯の解約手続き
そしてiphone5の契約をしました
その後データーの移行、ituneからのデータ移行、iPhoneの使い方を調べるなどなど・・・
一日を費やしました
まだまだ手こずることばかり
ブログをiphoneで作成できるようになるのは、いつのことやら・・・

使っていた携帯電話
IMG_3211.jpg

今後、仲良くしなくては・・iphone
IMG_3200.jpg

久々のパソコン・メインテナンス

先週来、パソコンのメインテナンスが重なった
手を付けたのが3台
相談のあったのが1台

3台は各々対応した処置をして復活した

1台目は、富士通FM-CE50SN 2006年春発売のディスクトップ、CPUはAMD Sempron +3500の2GHz動作、メモリーは512MB、ハードディスクは250G、WindowsXPで動作している現役です
Cドライブの領域が少なく、Windouws-updateを繰り返すうちに空き領域が不足して動作に不安が出ました
ハードディスクを500Gに変更してリカバリー、再度使用できるようにしました
依頼人は、Windows7での使用を希望しているので、近いうちに変更予定です
IMG_2782.jpg

IMG_2790.jpg

2台目は、富士通FMV-B8210 2005年秋発売の12インチ液晶画面タイプのノートパソコン
Intel Pentium M(753)をCPUに、512MBのRAMで動いていました
1年に一二度の長期滞在先でしか使用していないこのPCは、前回使用が一年前
無線Lanの送受信機を購入したので、それをインストールしました
ただ、不使用機関が長いためWindows Updateされていないので、ドライバーのインストールが巧く出来ません
一晩かけてWindows XP Servive Pack 3迄updateしてから、無線ランアダプターをインストールしました
アダプターはLogitecのW300N/U2S、これはソフトウエアーアクセスポイントを搭載したすぐれものでした
軽量小型のこのPCは、最近のNetBookにない良さがありました
IMG_2807.jpg


3台目は、SONY VAIO VPCEB17FJ 2010年2月に発売されたWindous7モデル
CPUはIntel Core i3,4GのRAMと500GのHDを持つ15.5インチ液晶のノートブックPCです
Log-in Passwordを失ったためハードディスクは使えなくなり、リカバリーもできませんでした
データーをほかのPCでバックアップした後、HDを更新することにしました
なかなかうまく立ち上げが出来ず、奮戦中
IMG_2793.jpg


不思議な一週間は、少し宿題が残りました
1台目をWindow7マシンにすることです
メモリーを増設し、Windows7で使えないドライバー対策(おそらくサウンドカードとLANカード(無線LANも)は使えません)をすることです