Supermoon+1day

めったにやってこないSupermoonだという昨夜は、雨
今夜は晴れだと言っていたけれど、厚い雲に隠れてしまった
雲の中に入るほんの少しの間、薄い雲の中で朧月
それを写した
もやっとして、解像度が悪くて、コントラストがない
粒子の荒くなる画像だけれど、Supermoonの一日後の姿を映した
あと18年後にならないとみられないという
自分の人生はそんなに長くない

今日は運転免許の高齢者講習を受けた
70歳の誕生日に免許書の更新
自動車学校に行ってきた
1時間の講習、1時間近い検査(視力と運転適性検査)、1時間近くの運転実技研修
視力が落ちている
乱視がひどくなっていて、動体視力検査ではこっちに向かってくる輪が3重に見えた
適性検査では、反応はするけれど同じ間違いを3度した
どれをとっても、自分の年齢を思い知らせられる

落ち込んで帰ってきたら、雲間の月
急いでカメラを持ち出して、気を取り直した

Supermoon+1日後の姿
2016_11_15 SuperMoon_1


動体視力が極端に悪い
テニスのボールはよく見えてるのに・・・・
img003高齢者

適性検査では、同じ間違いを繰り返してしまった
5点満点での採点結果
(3)は20~30代の人のレベルでの評価とか・・・
img004高齢者







スポンサーサイト

サギとカルガモ

ダイサギとチュウサギ
一緒にいなければ見分けがつかない
コサギは頭から飾り羽が垂れているから、すぐわかる
夏の田んぼにはチュウサギが多くいることがある
ダイサギは暑さが嫌いなのか、水の中でよく見かける

カルガモは大きくなった子供たちを引き連れている
さすが猛暑日は水辺で涼んでいる
6~8羽の大家族が、手賀川のかわべりで避暑中だった

手賀沼を舟で遊覧すると、そんな水鳥たちの姿がすぐ近くで見える
水の上は、真夏でも意外と涼しいのだ

DSC_8005たんぼのさぎ DSC_7970たんぼのさぎ DSC_7919たんぼのさぎ DSC_8001たんぼのさぎ DSC_7934たんぼのさぎ DSC_7951たんぼのさぎ 

今日の三つの出来事

ここ1週間何をするのではない日々を過ごしてきました
スイスから帰ったマジョは、写真の整理に忙しそう
私は週二回、4時間のテニスをするだけが唯一の出来事だった

今日気が付いた、テニスコートがある体育館にツバメが2回目の子育てをしていたのだ
二つの巣があり、かわいらしいヒナが元気そうに騒々しく鳴いていた
我孫子市鳥の博物館友の会がツバメの巣の調査をした時には、3か所の巣でヒナが巣立っていた
テニスそっちのけで、ツバメの子供を眺めた

家に戻ると、2種類のノウゼンカズラが咲いていた
我が家のノウゼンカズラの花は咲くのが遅い
特にピンクの花はせけにょりひと月遅い
ようやく咲き始めたので、これから毎朝2種類のノウゼンカズラを楽しめそうだ

三つ目は、マジョが買ってきたスイス、チューリッヒの赤ワインを開けたことだ
肉を焼きながら、ワインを楽しんだ
飲み口の良いおいしいワインだ
Mariaが勧めてくれた彼女の地元のワインは、夕食を楽しくしてくれた

チューリッヒの赤ワイン
DSC_7819Augast.jpg 
可愛いツバメの子
P_20160813_084754Augast.jpg P_20160813_084719Augast.jpg 
夏空に咲いたピンクのノウゼンカズラ
DSC_7792Augast.jpg DSC_7810Augast.jpg DSC_7788Augast.jpg