満開 キンカンの花

暑い日差しが続いた後、庭のキンカンの花が一斉に開花した
その兆しを見せずに一気に咲いた
花の蜜にアリがむらがっていた_DSC5725庭

_DSC5731庭  _DSC5747庭 
そういえば、萩の花はとっくに咲いて、散りかけていた
_DSC5762庭 _DSC5754庭 
トンボが一斉に現れたのも、急激な気温の変化があってからだ
梅雨寒から蒸し暑い夏が一気に来た
_DSC5732庭 _DSC5740庭 

スポンサーサイト

アジサイ(紫、白系) 二本松寺

その姿を見ていると、時を忘れた二本松寺のアジサイ
多くの園芸品種が植えられて、アジサイの花園だ
何がお気に入りか?と、問われても明確な回答はできそうもない

_D701359アジサイ

_D701488アジサイ

_D701334アジサイ

_D701330アジサイ

_D701310アジサイ

_D701342アジサイ

_D701348アジサイ

_D701477アジサイ

_D701454アジサイ

_D701447アジサイ

_D701418アジサイ

_D701412アジサイ

_D701402アジサイ

_D701400アジサイ

_D701394アジサイ

_D701371アジサイ


アジサイに囲まれて(赤系の花)

潮来といえば「アヤメ」が見ごろですね
しかし、アジサイが見ごろの二本松寺は、見逃せません
アジサイに囲まれて、時を忘れてしまいました
シーボルトが「オタクサ」と銘打って持ち帰ったアジサイは、ヨーロッパで色とりどりの花になりました
色と花の形、大きさなど、様々な品種が生まれ愛されてきたアジサイ
二本松寺でたくさんの花をみて、帰る時間を忘れてしまったのです

_D701297アジサイ

_D701331アジサイ

_D701377アジサイ

_D701302アジサイ

_D701304アジサイ

_D701328アジサイ


蓼科バラクライングリッシュガーデンの花

_DSC4967バラクラ

_DSC4873バラクラ

5月末のバラクラは捨てがたい
花の数は少ないけれど、鳥のさえずり、新緑の輝き、静寂がいい
ガーデナーはバラが開花するまでの間、庭を庭らしく飾り付ける
全体が淡く、穏やかに仕上がっている
そこに咲く花々は、霧雨に映えて、美しかった


_DSC4907バラクラ

_DSC4925バラクラ

_DSC4941バラクラ

_DSC4968バラクラ

_D701224バラクラ

_DSC4961バラクラ

_DSC4949バラクラ

ガーデン (バラクライングリッシュガーデン)

霧雨が気にならないほど、新緑が美しい庭だ
5月末のバラクラは花が少ない
6月のバラの季節に向けて、一休みしてるかのようだ
庭を歩くと、様々な緑が目に優しい
今は一休みの新緑と静寂のバラクラ
私はこのような庭が好きだ

_D701185バラクラ

_D701191バラクラ

_D701208バラクラ

_D701184バラクラ

_D701190バラクラ

_D701197バラクラ

_D701215バラクラ

_D701188バラクラ

_D701213バラクラ

あずみの開花 可憐なツルバラ

我が家では、5月になって一番遅く咲くバラが「あずみの」
小さくて可憐な花がたくさん咲く
ツルバラなのでこんもり咲く
狭かったバラばかり植えていたところから移植して2年目
大きく広がって花をつけたので、この場所が気に入ったようだ

_DSC3462あずみの

DSC_2394あずみの

_DSC3457あずみの

_DSC3464あずみの


ギンリョウソウ(ユウレイタケ)

5月の日光植物園に野鳥の鳴き声がこだまする
オオルリ、キビタキなどの声は美しい
植物を楽しみに来たのではなく、野鳥を探しに来たのだけれど、森の中に珍しいものを見つけた
それも、数多くあったのだ

色が無くて立つ姿はユウレイのよう
先ほどまでの霧に濡れて、怪しい姿なのだ
ギンリョウソウ(銀竜草)は、別名ユウレイソウ
よく見るとそのあだ名が理解できる

森の樹木と共生する菌類から栄養を得て生きているので、葉緑素などの色素がない
花の時期だけ地上に姿を現し、その後は黒く変色して姿が見えなくなる
まさしくユウレイそうなのだ

_DSC1629ギンリョウソウ

_DSC1615ギンリョウソウ

_DSC1620ギンリョウソウ

_DSC1654ギンリョウソウ



ハナミズキも咲いて庭が明るくなった

いつもより2週間早いだろうか?
アメリカハナミズキが咲きだした
カーテン越しに見ると、淡いピンクの塊が庭のひと隅を独占していた
例年より2週間早いけど、いつものようにハナミズキが咲いた

_DSC0106シャガハナミズキ

_DSC0089シャガハナミズキ

_DSC0123シャガハナミズキ

_DSC0141シャガハナミズキ

_DSC0121シャガハナミズキ

清楚はシャガ

_DSC0080シャガハナミズキ

庭のシャガが咲いた
いくらでも増えようとシャガはあちこちに地下茎をはびこらせる
それを許すわけにいかず、垣根の際まで追いやられている
待遇は春くても、楚々と咲くシャガ
一見楚々としているけれど、花はとても自己主張している

清楚な花のシャガを、見つめるといろいろな姿が想像できる

_DSC0079シャガハナミズキ

_DSC0065シャガハナミズキ

_DSC0071シャガハナミズキ

_DSC0069シャガハナミズキ

_DSC0060シャガハナミズキ

今井の桜

_D709888今井の桜


_D709876今井の桜

毎年恒例の今井の桜
大きな古手賀沼を干拓してできた水田の中に2Kmにわたって桜が植えられている
かれこれ半世紀になろうという桜は、老木ばかり
それでも毎年楽しませてくれる
手つかずの桜並木は、広い水田に一筋の淡い桜色のラインを作っている

_D709801今井の桜

_D709809今井の桜

_D709815今井の桜

_D709828今井の桜

_D709832今井の桜

_D709847今井の桜

_D709848今井の桜

_D709860今井の桜

_DSC9787今井の桜

_DSC9785今井の桜

_DSC9780今井の桜

_DSC9769今井の桜

_DSC9741今井の桜

_D709865今井の桜

庭いっぱいのクリスマスローズ

2月の初めにたい肥を入れた庭
その前に大きく伸びた昨年の葉を取り除いたクリスマスローズは、新芽と小さな葉があるだけでちっぽけだった
3月になって、手入れをした
雑草を取り除き、硬くなった土を返した
見る間にクリスマスローズが大きくなって、これまで見たことないほど花をつけた
すべての株が大きく育ち、庭を埋め尽くした
数えたら15株あった
白系が8株、赤系が7株
みんな大きく育ってうれしい春になった
_DSC8140クリスマスローズ

_DSC8162クリスマスローズ

_DSC8154クリスマスローズ

_DSC8156クリスマスローズ

_DSC8147クリスマスローズ

_DSC8129クリスマスローズ

_DSC8137クリスマスローズ

_DSC8133クリスマスローズ

_DSC8132クリスマスローズ

_DSC8127クリスマスローズ



咲いたよ!南高梅

ついに咲いた、南高梅
日に日につぼみが膨らんで、ピンク色が濃くなっていました
まだ3分咲きだけど、大きな実がなってくれないかな~
大きな実がついたら、梅干しにしたいと思っている

_DSC8125クリスマスローズ

_DSC8116クリスマスローズ

鳥のような花

こんな花が咲いた
もらわれてきて、4年近くなるだろうか?
草丈1.2mほどの大きな植物は、小さめの鉢に入ってやってきた
寒くなると室内に置くのだから、ある意味邪魔者に近い
しかし、一年に一つ不思議な花が咲く
それが昨冬は二つ目の花芽が付いた・・・が、咲ききれなかった
今回は二つの花が同時に咲いた
しかも例年より早く咲いた
そしてなんと三つ目の花芽が付いている
南の島の鳥のように見える不思議な花
三羽目はどうなるのだろう
_DSC5623花鳥

つわぶきの花


_D704697つわぶき

11月の花だと思っていたつわぶき
台風の前には、つぼみが膨らみ
二度目の台風の直前に開いた
_D704641つわぶき

_D704652つわぶき

_D704649つわぶき

今では満開
花が少ない秋に、黄色く明るい庭の一隅を作ってくれた
_D704771つわぶき

_D704760つわぶき

_D704778つわぶき

_D704765つわぶき

Cosmos

_D704599コスモス

コスモスの花が咲きそろうと、秋になったと思ってしまう
しかし、今日は真夏のような暑さ
コスモス畑をうろつくと、暑さに負けそうになる
空に浮かぶ雲が少なく、日陰を探してしまう
北海道では8月中になるとコスモスが美しく咲く
しかし今年は、その姿を見ることがなかった
_DSC5173コスモス

_D704557コスモス

_D704609コスモス

曙山農業公園ではいつも通りに咲いていたので、ほっとした
秋が来たのだ・・・・
<久しぶりにオールドレンズを使ってみた
F1.4の50mm標準レンズだ
ミラーレスのV2にアダプターとともに取り付けた
マニュアルでしか動作しないが、露出は合わせてくれる
ただ、開放付近(F1.4~2.8)では、ISO100でも露出を合わせることができず、露出オーバーになった
少し甘い感じで写る、オールガラス玉は、使って楽しい
その映像を集めてみた
_DSC5165コスモス

_DSC5162コスモス

cosmos01.jpg

cosmos02.jpg

蓮、はす、ハス

_D700006夏


蓮の花が見ごろだ
手賀沼にたくさん咲いた
いつもの利根町でもたくさん咲いた
蓮の花を見に行くと、チョウトンボが飛んでいるのが楽しみ
ミソハギが紫の小さな花をたくさんつけて、これもまた美しい
自転車で30分ほど、片道12Kmほどを言って帰ったら、まだ午前10時だった
朝の散歩代わりに、蓮を楽しんだ

_D709993夏

_D709994夏

_D709999夏

_D709995夏

_D700087夏

_D700077夏

_D700070夏

_D700054夏

_D700102夏

_D700007夏

_D700040夏

_D700034夏

_D700027夏

_D700011夏

ネジバナ、好きな草花

_DSC4130捩花


ダイとミキがいなくなって、公園の散歩をしなくなった
それまではワンコたちと一緒に散歩して、季節が動くのを感じていた
ネジバナは梅雨時の草花として毎年見ていた
去年は、近くの牛高公園で、ミキと一緒にネジバナを見ていた
地面に顔をくっつけるようにして見ると、不思議できれいな花がよく見える

今年は手賀沼のほとりで偶然見つけた
地面近くまで顔を寄せていると、不思議そうに眺め通り過ぎる人がいることに気づいた
数枚シャッターを切って、慌ててその場を去った
ネジバナは牛孝公園にかぎる・・・そう思った

もう一つとても大好きなのは、綿毛
過ぎ去った最盛期を想像する
そしていまにも飛びそうなその綿毛が、子供のころの野原へつながる

_DSC4109捩花

_DSC4105捩花

_DSC4120捩花

_DSC4088捩花

_DSC4073捩花

_DSC3996初夏の花

取手長禅寺のアジサイ

_D709793長禅寺

取手の駅近くの旧取手宿に、ひときわ小高いところがある
おおよそ1086年前に、平将門が勅願所として創建した長禅寺がある

長禅寺は森に囲まれて、喧騒から切り離され静かだ
境内のいたるところにある雨露に濡れたアジサイは、ひっそりと咲いているかのようだ
_D709802長禅寺

_D709778長禅寺

_D709757長禅寺

_D709779長禅寺

_D709748長禅寺

_D709776長禅寺

_D709768長禅寺

_D709770長禅寺

初夏・手賀沼遊歩道の花

_DSC4001初夏の花

手賀沼遊歩道を歩くと、過ぎ去ろうとする花、これから輝く花が見られた
久しぶりに歩く手賀沼遊歩道に、すごいスピードで過ぎ去ろうとしている季節の移ろいの速さを感じた
マリアの”my garden”には、もう過ぎ去ろうとしているアヤメがあった
沼の岸辺の緑の中に妖しく咲いていたけれど、最盛期は過ぎていた

リニューアルオープンした水の館は、これまでと大違い
いつも人であふれている
千葉県が器だけを作ったけれど、訪れる人は少なかった
我孫子市に移管されリニューアルした水の館は、農産物直売場と小さなレストランが人気だ
その前の遊歩道は、アジサイやシモツケがさいてこれから見ごろだ
遊歩道を散策して疲れたら小さなレストランでひと休み
楽しみが増えた
_DSC3117初夏の花

_DSC3123初夏の花

_DSC3135初夏の花

_DSC3973初夏の花

_DSC3975初夏の花

_DSC3984初夏の花

_DSC3994初夏の花

_DSC3988初夏の花

_DSC3991初夏の花



しゃが シャガ 著莪

アヤメ科アヤメ属シャガ
丘陵の斜面いっぱいに広がって、シャガが咲いていた
たかがシャガ、されどシャガ
これだけ群生していると、見事としか言いようがない
樹間を埋め尽くしているシャガ
日向のシャガは、まばゆい
日陰のシャガは、とても控えめ
しゃがを見ながらいつの間にか頂上まで来ていた

_D709214しゃが

_D709156しゃが

_D709201しゃが

_D709161しゃが

_D709207しゃが

_D709217しゃが



満開

庭の花が満開になった
ハナミズキはピンクに空を染めた
窓のカーテン越しに見ると、レースがピンク色
オオテマリは真っ白になった大きな花の塊は、午後の強風でボトボトと落ちてしまった
白いつるバラが開いた
大輪の花がたくさんついた
名前がわからない地位さん白い花がたわわに咲いた
1㎝にも満たない花がたくさんつくと枝が重そうで、お辞儀をしている
庭の花が満開で楽しい

DSC_0311庭の花

DSC_0207庭の花

DSC_0178庭の花

DSC_0196庭の花

DSC_0242庭の花

DSC_0272庭の花

懐古園 小諸城の桜

_D709007懐古園

今年最後の桜見物は、懐古園
いつも小諸城址の追手門を通り過ぎて、懐古園に入ってしまう
今回は、追手門をくぐって小諸城に入った
満開時は少し過ぎていたけれど、おおぜいの人が桜見物をしていた
秋の紅葉が見事だけれど、桜も見事
つい見とれて足が止まり、思いついたように歩く
懐古園の桜を堪能した
_D708973懐古園

_D708976懐古園

DSC_0134懐古園

_D708982懐古園

_D708983懐古園

_D708992懐古園

_D709001懐古園

_D709003懐古園

_D709024懐古園

_D709034懐古園

_D709044懐古園

_D709051懐古園

_D709013懐古園

_D709082懐古園

_D709085懐古園

_D709089懐古園

_D709105懐古園

もうすぐ満開 ハナミズキ

庭のハナミズキが色づいて、花が開き始めた
つぼみが少しずつ開いて間もなく満開です
花をよく見るとおしゃれなデザイン
満開になるのが楽しみ

DSC_9767ハナミズキ

DSC_9783ハナミズキ

DSC_9762ハナミズキ

a href="http://blog-imgs-102.fc2.com/o/r/i/orionban/20170422083521bd7.jpg" target="_blank">DSC_9781ハナミズキ

丸くなったオオテマリ

DSC_9866おおてまり

DSC_9846おおてまり

DSC_9801おおてまり

DSC_9803おおてまり

オオテマリの花芽が出てから3週間、今では10㎝の丸い玉になった
まだ芽吹いたばかりの時と同じ黄緑色
強風が吹く前は花がまだ開いていなかった
風に飛ばされた丸い花が数個庭に落ちたけれど、ほとんどが無事
今朝はその花が少し開いて、花の色が白くなってきたように思う
1週間後には真っ白い花になる

DSC_9877おおてまり

DSC_9879おおてまり

シャガ

DSC_9831シャガ


冷たい雨が続き強風が吹き、晴れた日は陽ざしが強くて暑い
目まぐるしく変わる天候は、冬と春が激しくせめぎ合っているようだ
気が付いたら庭の日陰にシャガの白い花がぽつんと咲いた
それが瞬く間に数を増やして、庭はシャガで明るくなった
遠目では白い小さな花のシャガだけれど、近くでじっくり見るとあでやかな色使いで怪しげな魅力がある
シャガが見頃になった
DSC_9788シャガ

DSC_9760シャガ

DSC_9799シャガ

DSC_9836シャガ

DSC_9838シャガ

DSC_9843シャガ

今井の桜

_D708444sakura.jpg

_D708457sakura.jpg

_D708580sakura.jpg

_D708581sakura.jpg

_D708461sakura.jpg


今井の桜は広い手賀沼干拓地の端っこにある
白井市今井が住所だ
下手賀沼から西に用水路が伸びている
用水路の両岸2Kmにわたるソメイヨシノが見事だ
田んぼの中の用水路の桜は、植えられてから半世紀近くなり、植えたままの姿が良い
特別な手入れをしていない、のどかで田園的な風景が和ませてくれる
枯れ木や枯草がそのまま、老木の桜を引き立たせている
とても好きな、ほっとする風景が好きだ
_D708578sakura.jpg

_D708574sakura.jpg

_D708568sakura.jpg

_D708541sakura.jpg

_D708518sakura.jpg

_D708493sakura.jpg

_D708489sakura.jpg

_D708478sakura.jpg

_D708470sakura.jpg


布佐の桜

_D708616布佐の桜

布佐は古い歴史のあるところ
造成された団地にも桜の古木が残っている
新しく作られた公園には、桜並木
古くからある農家には、敷地いっぱいの桜
布佐を歩いていると桜見物に事欠かない
今日は花見の最終日になりそうだ
桜に葉が茂りだし、花が風に舞っていた
明日の午後は強風が吹くという

丑高公園の桜
_D708640布佐の桜


長丁西公園の桜
_D708592布佐の桜


布佐南公園の桜
_D708596布佐の桜

_D708595布佐の桜


農家の桜
_D708602布佐の桜


宮の森公園の桜
_D708629布佐の桜

_D708606布佐の桜

_D708616布佐の桜

筑波山のカタクリ


DSC_9592かたくり

DSC_9701かたくり

DSC_9712かたくり

4月10日は久しぶりに天気が良かった
例年、このころに筑波山に行く
目当ては山野草の花だ
カタクリが山のいたるところで咲いている
イチゲやニリンソウは、斜面を覆いつくす
期待をしてケーブルカーに乗った

しかし、今年は桜の満開の時期が例年より遅くなったように、筑波山の花たちも開花が遅れた
自然研究路を行くと、南斜面の日差しが当たるところには、カタクリの花が所狭しと咲いていた
しかし、アズマイチゲやニリンソウなど、この時期に咲く花の数は少なかった
おそらく1週間後は素晴らしいと思われるほど、密集して葉が茂りつぼみを付けていた

筑波山は自然研究路を歩かないと、その価値がわからない
DSC_9448かたくり

DSC_9461かたくり

_D708417かたくり

DSC_9537かたくり

DSC_9722かたくり

DSC_9526かたくり

DSC_9557かたくり

DSC_9517かたくり








手賀沼周辺の桜 北柏ふるさと公園

_D708037北柏ふるさと公園の桜

北柏ふるさと公園には、早咲きの枝垂れ桜がいち早く満開になる
ソメイヨシノが咲くころは見頃を過ぎているが、次々と桜を楽しめる公園です
この公園では野鳥撮影の人でにぎわいます
一番のお目当ては、カワセミ
冬はベニマシコが人気です
今は桜が大人気
コブハクチョウも桜見物してます

_D708040北柏ふるさと公園の桜

_D708036北柏ふるさと公園の桜

_D708033北柏ふるさと公園の桜

_D708030北柏ふるさと公園の桜

_D708006北柏ふるさと公園の桜

_D708007北柏ふるさと公園の桜

_D708016北柏ふるさと公園の桜


_D708027北柏ふるさと公園の桜


古民家の桜

_D708144旧家と桜


800年ほど続く吉田家は、豪農で醤油などの醸造、そして苗字帯刀を許された旧家です
江戸末期の建物がそのまま残され、柏市に寄贈され修復保護されています
とても大きい櫓門は、この地方のでの権勢をうかがい知ることができます
門前の桜は見事で、桜見物のついでに旧家を訪問しました

_D708053旧家と桜

_D708058旧家と桜

_D708065旧家と桜

_D708078旧家と桜

_D708083旧家と桜

_D708114旧家と桜

_D708118旧家と桜