足早に去ってゆく春

北海道の桜が見ごろになったころ、気温が上がって初夏が見え隠れする
草や花は、急ぎ足で季節の移動について行く
庭のムベの花が咲いたのはついさっきかと思ったら、もうずいぶん時間を経ていた
そう言えば、公園でアケビの花を見たのもそのころ
DSC_7656庭の花

DSC_7710庭の花

シャガが垣根の日陰で咲いて、ハナミズキはその上で咲いた
オオデマリが重そうな花をつけ、卯の花が小さくて愛らしい花をたくさんつけた
スズランが咲き、ナニワノバラとモッコウバラなどツルバラが咲き春の終わりが見えてきた
DSC_7720たんぼ

D70_2980庭の花

D70_3096庭の花

D70_2936庭の花

D70_3104庭の花

D70_3089庭の花

D70_3106庭の花

D70_3075庭の花

D70_2953庭の花

D70_3017庭の花

D70_2945庭の花

D70_3087庭の花

手賀川の土手では、蝶やテントウムシが遊びだした
日向では半袖のシャツがちょうどよい季節だ
D70_3685田んぼのシギ

D70_3704田んぼのシギ
関連記事
スポンサーサイト

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント