箱根の石仏群を見るウオーキング

箱根山の噴火で、大いに注目されっている箱根
大きな災害にならなければと、祈るばかりです
先週、箱根を少しだけ歩きました
緑が多くて心地よいウォーキングでした

元箱根の近い1号線に絡みつくような旧道に、石仏群がある
石仏群と歴史館の駐車場についたのが、9時半頃
10時オープンの歴史館をみてから、歩くルートを確認するのがよい
歴史館のすぐ近くの1号線と精進池の間に、ウオーキングルートがあった
(青い線で描いた。また箱根町のHPで詳細が書かれている
フラワーセンターの駐車所まで歩いても片道30分ほどだ
ハイキング1

石佛群

D70_9126箱根旧道

<鎌倉から室町時代にかけて作られた石仏群は一部風化が進んでいて、保存のむずかしさがわかる
しかし江戸以前の遺跡としてとても興味がある、ウオーキングコースだった
精進池から八百比丘尼の墓、応長地蔵、トンネルををくぐって巨大な六道地蔵、トンネルを戻って進むと多田満仲の墓、巨岩に彫り込められた二十五菩薩、トンネルをくぐって曽我兄弟の墓と続く
D70_9178箱根旧道

D70_9172箱根旧道

D70_9180箱根旧道

D70_9189箱根旧道

D70_9165箱根旧道

D70_9151箱根旧道

箱根旧道

D70_9143箱根旧道



旧道を元箱根まで戻り、新道(1号線)を行くと、400年の歴史のある甘酒茶屋がある
江戸時代には、江戸から箱根の関所を超える手前の茶屋で一息ついた
今は、二子山や旧道のウォーカーが一休みする人気スポットだ
D70_9237箱根旧道

D70_9240箱根旧道

D70_9263箱根旧道


関連記事
スポンサーサイト

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント