江差の歴史を物語る鴎島

江差に来たら最初に訪れてほしいと、江差町のホームページに書かれていた
いにしえ街道をぶらついたのが最初で、その後は2か月の生活の準備に追われた
今日の午後、よい天気に誘われて鴎島に行った

江差町のHPに次のことが書かれています
「かもめ島がまだ弁天島と呼ばれていたころ、天然の良港を築くこの島はニシン漁や北前船交易の舞台でした。江差の歴史はかもめ島から始まったと言っても過言ではありません。そして今、檜山道立自然公園の特別区域に指定されるこの美しい自然の小島は、江差のシンボルです」
「今から500年もの昔、様々な予言をするひとりの姥がおりました。あるとき、姥はかもめ島で翁から小さな瓶を渡され、教えられたとおり瓶を海に投げたところ、江差にニシンが群来るようになったのです。この瓶が石と化して海上に現われ、瓶子岩(へいしいわ)になったと伝えられ、姥は人々から折居様と呼ばれ神のようにうやまわれていました。」

先週のの土日に「かもめ島まつり」があり、若者たちによって全長30mにおよぶ〆縄がかけられました
瓶子岩の7近くには、北前船が係留された船着き場があります
そこには係留跡として、岩盤に細工した係留柱を入れる穴や係留環が残っています

江戸から明治に諸外国の脅威から守るため砲台を置いた、台場があります
極め付けが、鴎島近くで座礁沈没した「開陽丸」です
徳川慶喜が鳥羽・伏見の戦いに敗れ、開陽丸で大阪を脱出したこと、榎本武揚が開陽丸などで江戸を脱出、函館戦争で新政府軍と戦したことなどは、有名です
開陽丸は鴎島 近くに復元され係留されています

青く透明な海、青空と白い雲、鴎が舞う島から見る、江差の風景も、よいものです

D70_9937鴎島

D70_0001鴎島

D70_0006鴎島

D70_9958鴎島

D70_9972鴎島

D70_9977鴎島

D70_9995鴎島

D70_9996鴎島

D70_9997鴎島

D70_9966鴎島

D70_0013鴎島

D70_0017鴎島

D70_0022鴎島

D70_9988鴎島

D70_9923鴎島

D70_9926鴎島
関連記事
スポンサーサイト

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント