上の国の神の道(かみのくにのかんのみち)

上の国には北海道で最も古い和人の歴史があるといわれているが、実際にはそれ以前(1400年代半ば)から和人の足跡がある
それ以前から言い伝えられた神の道は上の山の海岸にああります
海から竜が駆け上った階段、それが神の道です
DSC_9427神の道

DSC_9431神の道

DSC_9411神の道

DSC_9416神の道

駆け上った先には、のちの松前氏、蠣崎氏(武田信広)の館がありました
室町時代、14世紀の末頃に移り住んだのは、青森県下北半島の豪族であった蠣崎氏です
蠣崎氏はアイヌを排除して福山を本拠地としました
その後、各地に和人の豪族が館を構えました(下記)
館      館主         館     館主         館      館主
志濃里   小林 良景     箱     河野 政通      茂別    下国 家政
中野     佐藤 季則     脇本   南条 季継     隠内    将土 季直
覃部     今泉 季友     大    下国 定季      -      相原 政胤  
祢保田   近藤 季常     原口   岡部 季澄       比谷   厚谷 重政
花沢     蠣崎 季繁

しかし、和人の進出により失われた利権を奪取するため、アイヌのコスアマインが蜂起し、ことごとく勝利したのです
コシャマインの乱は、和人集団とアイヌ民族との最初の大規模な民族戦争となったのです
十二あったされる館のほとんどが攻め落とされ、わずかに下国氏の茂別館と蠣崎氏の花沢館のみが残るばかりとなり、この戦乱において和人の実質的な軍事指導者としてめざましい活躍を示したのが蠣崎氏のもとにあった客将武田信広でした
その後、嗣子がなかった季繁は養女を信広に嫁がせて家督を譲ったのです
蠣崎家を継いだ信広は和人勢力を統一し、後世豊臣秀吉によって一藩(松前藩)として認められたのです
武田信広が築いた勝山舘は、神の道を駆け上った夷王山にあります
夷王山山頂の夷王山神社
D70_0320神の道

D70_0330神の道


神の道付近の海岸線は、絶景です
DSC_9393神の道

DSC_9396神の道

DSC_9465神の道

DSC_9435神の道





関連記事
スポンサーサイト

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント