旧檜山爾志郡役所 江差いにしえ街道

江差いにしえ街道を見下ろす位置に、旧檜山爾志郡役所(北海道指定有形民族文化財)があります
現在は郷土資料館として使われています
ここで目を引いたことは、明治時代に設置された北海道の郡役所としては、唯一現存していることです
当初の状態に復元された江差の象徴的な建物です
壁布のすべてが復元されたようです
陳列されていた五勝手鹿子舞の装束は独特で、江戸時代にヒバ(ヒノキアスナロ)を伐採した樵が暮らす五勝手村(江差町に地名が残っている)で行われたものです
私が子供のころに遊んでかるた(百人一首)がありました
取り札が木(朴ノ木)でできています(懐かしいなぁ~)

以下は江差町のHPを引用した旧檜山爾志郡役所の説明です
「旧檜山爾志郡役所」は、北海道庁の出先機関である郡役所と警察署の業務を執り行なう建物として、明治20年(1887)に建てられました。
その後、檜山支庁と江差警察署の合同庁舎、江差警察署の単独庁舎、江差町役場の分庁舎などに使用され、明治・大正・昭和・平成の江差を見続けてきました。またその間には、建物にさまざまな手が加えられてきました。
1992年(平成4年)には、道内でただひとつ現存する郡役所として、道指定有形文化財の指定を受け、江差町では、1996年(平成8年)から1997年(平成9年)にかけて、創建当時の姿に復すべく保存修理を行いました。
現在は、明治時代の貴重な建物をご覧いただくとともに、江差町郷土資料館としても活用をしています。
主屋2階建1棟、附属平屋1棟
木造寄棟、桟瓦葺  
1階327.21㎡/2階231.36㎡

D70_2893郡役所

D70_2885郡役所

gunyakusyo_1_1.jpg

D70_2873郡役所

D70_2889郡役所

D70_2881郡役所

004gokkate.jpg 004gokatte_3.jpg

D70_2876郡役所

D70_2883郡役所


関連記事
スポンサーサイト

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント