伝統の大鹿村歌舞伎

茅野から152号線を50Kmほど南へ行くと、大鹿村に着く
国道とはいえ、対向車が来たらすれ違いが難しい谷道だ
大鹿村は南アルプスの山麓の谷あいの村
静かな風景が広がる
坂を上る途中にお弁当やお土産売りが並んでいた
お昼前にお弁当を買って、大鹿村の歌舞伎の会場に入る
市場神社の境内いっぱいにゴザが敷き詰めた会場には、まだ空席があった
座り込んで歌舞伎弁当を広げる
やがて歌舞伎が始まると、舞台に衆目が集まった
興が乗りはじめ、投げ銭がポンポンと飛ぶ
村の歌舞伎は雰囲気最高潮になる

歌舞伎の舞台のある神社裏には山が続き、村を見下ろす
遠くはすべて山並みが続き、その先は見えない
歌舞伎の語りと三味線の音、歓声が遠くで聞こえた
とても懐かしい風景と音と風を感じた

D70_6104大鹿歌舞伎

D70_6078大鹿歌舞伎

P_20151018_112511大鹿歌舞伎

D70_6080大鹿歌舞伎

D70_6130大鹿歌舞伎

D70_6146大鹿歌舞伎

D70_6152大鹿歌舞伎

D70_6162大鹿歌舞伎

D70_6170大鹿歌舞伎
関連記事
スポンサーサイト

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント