真田氏3代の郷

上田市真田町本原、ここが真田氏発祥の地だ
東に殿城山、西に東太郎山、背後には大松山がある南斜面の小高い処だ
広範囲に真田3代の足跡が見える
南には田園が開けている
後に本拠地となる上田城は、南西に6Kmほどの位置にある
ここにある真田氏館跡は、真田氏が上田城を築城する以前の居館跡で、四方を土塁で囲まれている
周囲は520m、中世豪族の典型的な居館の形態がみられる
隣接する真田氏歴史観では、真田3代の足跡を知ることができる
D70_9050真田の里

D70_9045真田の里

D70_9044真田の里

D70_9042真田の里

D70_9041真田の里

D70_9037真田の里

D70_9036真田の里

関連記事
スポンサーサイト

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント