運河、理窓公園、コウノトリの里

今日は鳥の博物館友の会の中のみて歩こう会の例会の日
行ったのは、毎年恒例の利根運河、理窓公園
目的は草花を探すこと
そして、たくさんの草花を見つけました
写真に写しても写しきれず、その一部だけ掲載
スミレ類は時期が遅かったですね
ほとんどが咲き終わっていました
暖かな日差しを浴びて尽きぬ草花探しは、日常を忘れる世界でした

不明の草花もありますが、下記の名前の草花が春の一日を付き合ってくれました
コメツブツメクサ、キュウリグサ、アリアケスミレ、オオジシバリ、カキオドシ
ジュウニヒトエ、カントウタンポポ、??、ヤセウツボ、カキドオシ
タチツボスミレ、ニオイタツツボスミレ、キンラン、ギンラン、モミジ
??、マルバスミレ、ノジシャ、ノボケとテントウムシ、ムラサキゴケ
タンポポ、マムシウサ、ホウチャクソウ、フデリンドウ、フデリンドウ
page.jpg

野田ファームのコウノトリの里までの道は、まるで探鳥会
空高く飛ぶ猛禽を追いかけ、サギの姿を捜しました
チュウサギの赤い目を見つけ、ダイサギとアオサギの間に小さなアマサギを見つけ、足元の田んぼではコチドリを観ました
ウグイスにホオジロが競うように鳴き、まだ帰らないコガモの群れを運河の中に見つけました
コウノトリの里では孵化した2羽のヒナがとても可愛らしい
近親での後輩を避けるため豊岡から運ばれた玉子から生まれた二羽は、ただいま名前を募集中
一票を投じてきました
目が合った

コチドリ

コウノトリ

コウノトリの子供たち
関連記事
スポンサーサイト

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント