湯ノ湖散策

野鳥の撮影旅行の宿は、奥日光湯ノ湖のほとりだった
標高1500mにある湯ノ湖は、周囲3Kmほどの堰止湖
夕食前に散策に出たがすぐに日が暮れた
夕食は早く始まり、興がのって3時間後に宴が終わっても、まだ夜の9時前
温泉をたっぷり楽しんで、早寝すると、3時過ぎには目が覚めた
仕方がないので、ひと風呂浴びて寝込んだ
5時には目が覚め、外を見ると霧に包まれていた
朝の散策を楽しみにしていたので、少々がっかり
何の気なしに外へ出ると、濡れるほどではないのに気付いて湯ノ湖を一周することにした

日光白根山からの水がたまり、湖畔の温泉から湯が流れこんで湖面から入りが立ち込め、硫黄のにおいがする
歩き始めると、鳥のさえずりが楽しい
キビタキ、ニュウナイスズメ、コガラとヒガラ・・・
歩くほどに霧が晴れて、対岸の湖畔が見えだした
苔むした湖畔を歩くと、シャクナゲが花盛りだった
やがて、湯ノ湖の水が落ち込む湯滝に出会う
以外に落差があって急峻な滝に驚いた
1時間足らずのコースを、花や鳥を追いかけて2時間かかった
帰り着いたら、朝食の時間だった

DSC_9550湯ノ湖

DSC_9537湯ノ湖

DSC_9545湯ノ湖

DSC_9554湯ノ湖

DSC_9552湯ノ湖

DSC_9561湯ノ湖

DSC_9564湯ノ湖

DSC_9567湯ノ湖

DSC_9608湯ノ湖

DSC_9620湯ノ湖

DSC_9614湯ノ湖

DSC_9601湯ノ湖

DSC_9597湯ノ湖

DSC_9588湯ノ湖

DSC_9586湯ノ湖

DSC_9579湯ノ湖

DSC_9572湯ノ湖

DSC_9571湯ノ湖
関連記事
スポンサーサイト

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント