中標津町へ

7月29日午前5時に自宅を出発、一路十和田湖休屋のホテルを目指した
常磐道を仙台まで下り、東北道に入り十和田湖に着いた
奥入瀬の清流と湖畔の乙女を見物、夕食を食べて温泉に浸かった
奥入瀬は水量が多くて、楚々とした清流ではなかった
IMG_20170729_114409.jpg

IMG_20170729_143705.jpg

_D700256北海道へ

IMG_20170729_171914.jpg

30日は午前7時にホテルを出発
奥入瀬に沿って走り、懐かしい蔦温泉をちらっと見て青森のフェリーターミナルに到着
蔦温泉に泊まったのは、2000年の夏、ずいぶん昔のことだ
風8m、波2mの船旅は快適で、ひと眠りすると函館だった
函館からは苫小牧のホテルへ直行、夕方5時過ぎにチェックインして街へ出かけた
歩き始めて間もなく、古傷の右ひざに激痛が・・・・

31日は朝食後7時30分に出発し中標津へ向かう
膝の具合はとても悪く、途中魔女に運転を代わってもらう
濃霧と雨の中の運転で、魔女にも大変な負担がかかってしまった
お昼時に釧路に着いた
北海道の高速道路網は毎年延長されて便利になっている
ランチを食べる店を物色しようと思い立ったのが、鶴居村のハートンツリー
早速、オーナーの佐知子さんの顔を見に行った
お店は人気店、お客さんでごった返しているとにもかかわらず飛び入りを歓迎してくれた
おかげで久しぶりの美味しいランチにありついた
ここから中標津へは1時間半ほど
食後すぐに出発して仮住まいに到着したのは午後3時だった
2週間と少しの生活が小さなログハウスで始まる
町中のショッピングモールから500mの森と草原の中の家は、緑が清々しいところです

自宅から仮住まいまでの走行距離は1,381.9Km、青函フェリーが108Km、総距離1,488.9Km
2泊3日の旅でした

IMG_20170731_120235.jpg

IMG_20170731_120314.jpg

IMG_20170801_081814.jpg

IMG_20170801_115934.jpg
関連記事
スポンサーサイト

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント