羅臼から知床峠を越えてウトロへ

8月7日は知床へ行きました
ウトロの空は晴れるらしいとの情報を信じて走った
中標津から1時間と少しのドライブで、ウトロに着いた
まだ雲の切れ目が少なく、晴れるのかどうか心配だったが、観光案内所の勧めで相泊温泉へ向かうことにした
途中、港を見下ろす公園へ行くと、空が青くなってきた
_D701307しれとこ

_D701308しれとこ

さらに走って、「クジラが見える公園」へ行った
灯台のある小高い丘だった
クジラは探せなかったが、国後島の大きな姿が見えた
_DSC7090しれとこ

_DSC7091しれとこ

相泊までは25Kmほど、海岸線を走るとコンブ漁の番屋が続く
夏の時期は、この番屋で寝泊まりしてコンブ漁をするという
_D701321しれとこ

_D701320しれとこ

やがて相泊温泉駐車場の看板が見えた
道路の両脇が駐車スペースになっていた
海岸の岩と砂の中に温泉があった
お湯につかってUターン
相泊が自動車で行ける半島の最南端
羅臼に戻って、知床峠を超える
青空を目指して登っていくと、羅臼岳が見えた
途中雲に巻かれているけれど美しい山の姿だ
写真を写す場所がなく、バス停で一時停車した
このまま上っていくと、峠付近は雲の中のような気がした
_D701356しれとこ

それが的中し、霧に包まれ羅臼岳は二度と見えない
ウトロに降りても、霧雨山は雲の中だった
6年前、ウトロから羅臼に抜けようとして峠の途中で断念したことを思い出した
厚い雲の中に入って身動きが取れなかった
羅臼とウトロではこれほど天気が違う
この後知床五湖の木道を歩いて、長い一日の知床散策が終わった
_DSC7098しれとこ

_DSC7112しれとこ

_D701361しれとこ

_D701371しれとこ

_D701363しれとこ
関連記事
スポンサーサイト

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント