金唐革紙

飛鳥山を訪れる前に、北トピアで食事をしました
最上階のレストランからの眺めが良いですね

飛鳥山2

音無川、飛鳥山の桜と同時に、この見晴らし
そして紙の博物館、都電を楽しみました

金唐革紙は、欧州で革で作られた壁紙を和紙でまねたものです
しかし、その美しさから欧米で人気を博しました
バッキンガム宮殿の壁の一部を飾っています

初めて、金唐革紙を見たのは、岩崎邸でした
その美しさは、絶賛された過去を疑いませんでした
一時途絶えた技術は復元されています

その技術の一端が、紙の博物館に展示されています
飛鳥山を訪れた一つの楽しみでした

飛鳥山7

飛鳥山9

飛鳥山8


もう一つの楽しみは、都電に乗ること
学生の頃、都心を走る都電のお世話になりました
車窓から流れる街の景色は、ゆっくりとのどかでした
飛鳥山から大塚までのわずかな時間
ふぅ~っと、ため息が出る思い出に浸りました

飛鳥山17

飛鳥山16
関連記事
スポンサーサイト

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント