金環日食

2012年5月11日6時19分から始まった天体ショーは、雲の中だった
7時を過ぎると、雲の間から欠けた太陽が顔を出した
それから8時近くまでは、雲に邪魔されながら、金環日食の過程を見ることができた

昨日の天気予報では、かなり悲観的なデーターを見せつけられた
そのせいか、今朝は早く起きだすつもりはなかった
しかし、いつもの時間に目をさまし外を見ると、意外と雲が少ない
慌てて二つのの三脚を庭に立てた

カメラの一台は、500㎜の望遠での拡大撮影
もう一台は、広角で日食の経過を多重露出するつもりだった
しかし、かけ始めた太陽とその周辺を見ると雲ばかり
ほとんどの時間は、雲に覆われた日食になりそうだったので、、拡大撮影しか撮影できなかった

人生最大の天体ショーの一つ(もう一つあったのは、ハレーすい星)は、何処からか聞こえる歓声とともにリングができて、雲の中に隠れて終わった

諦めていた一大イベントに参加できて、幸せな朝だった 

金環日食1

金環日食2

金環日食3

金環日食4

金環日食5

金環日食7

金環日食6

金環日食8

金環日食9
関連記事
スポンサーサイト

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント