キツツキ

とても小さいけれど、存在感がある
一番身近なキツツキのコゲラ

冬の間は、葉が枯れ落ちた気をつついているから、良く見つけることができる
今は、新芽が出そろい葉が茂ったので、鳴き声だけが聞こえて姿が見えない
それでも、時折姿を見せる
近づいても、懸命に気をつついているので、おいそれとは逃げ出さない

手賀沼遊歩道でも、我が家の周辺でも、コゲラはいつも身近にいる

コゲラ(小啄木鳥)
学名:Dendrocopos kizuki / Picoides kizuki
英語名:Japanese Pygmy Woodpecker

サハリン、ロシア南東部、朝鮮半島北部、中国東北部、日本列島などの一部地域にいる
日本では留鳥
全長15 cm、体重20gくらい
スズメとほぼ同じくらい

0321コゲラ2

0321コゲラa

0321コゲラ3
関連記事
スポンサーサイト

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント