エル・グレコ展

エル・グレコ展に行ってきました
久しぶりの東京都美術館
各階にエスカレータで移動できるようになり、見学が快適になりました
穏やかな今日は、絵画鑑賞の人でにぎわっていました
D70_6681.jpg

本名ドメニコス・テオトコプーロス
クレタ島生まれのギリシャ人
イタリアを経由してスペインへ渡ったので、エル(スペイン語で男性の冠詞)・グレコ(イタリア語でギリシャ人)と呼ばれました
バロック絵画以前に、近代的なセンスでの構図や色で作品を描いたエル・グレコは、印象派の巨匠たちに絶賛され、ピカソをはじめとする現代の巨匠たちに大いに影響しました
作品の受胎告知は誰もが知る代表作
El_Greco_057.jpg

私の好きな「トレド風景」や「第五の封印」は展示されませんでした
El_Greco_View_of_Toledo.jpg

El_Greco,_The_Vision_of_Saint_John_(1608-1614)

デフォルメされた構図は、現代絵画を彷彿とさせる
ピカソやゴッホなどは、大いに影響されたのではないかと想像させられました
関連記事
スポンサーサイト

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント