旧岩崎邸庭園

明治時代に数々の洋館を設計したジョサイア・コンドルは岩崎邸を設計し、1896年(明治29年)に竣工した
コロニアル様式の南面のベランダがこの洋館の特徴だ
室内の天井装飾、床のタイル、暖炉などは、イスラム風のデザインが織りなす
2階の部屋には、金唐革紙が使用されている
私がこの建物の室内装飾の中で最も気になるのが、金唐革紙だ
欧米では皮で作られたもの(金唐皮)を、和紙で代用したものだ
その後技術がすたれたが、現在では復元製作されている

庭園の片隅には、黄色のサフランと黒いクリスマスローズが咲いていた

D70_6989.jpg

D70_6992.jpg

D70_7018.jpg

D70_6984_20130306223351.jpg

D70_7020.jpg

BB.jpg

AA.jpg

D70_7013.jpg

D70_7028.jpg
関連記事
スポンサーサイト

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント