春を探しに・・牛久自然観察の森

暖かい日が続き、春はもうすぐそこまで来てるかのように感じる日々です
庭は緑を濃くして、今にも華が開きそうです

牛久の森に春を探してみました
梅林は、1~2本が花をつけ始めたばかり
入り口近くで、マンサクが花をつけていたのが例外的
まだまだ春が遠い牛久の森でした

秋の名残が冬を経て残っていました
それらは、明るい春の日差しの中で、鮮やかなシルエットになってます

春の息吹を感じるのは、フユノハナワラビが新芽を出して大きく葉を広げだしたこと
ノイバラは、小さな芽をたくさん噴出して、背伸びをしてるよう
ウグイスカグラは、小さなかわいい花を咲かせる準備中です
コブシは、間もなく白い花を咲かせ用としています
ニワトコは、来月黄色い花を咲かせるために芽吹き始めました

牛久の森は春の息吹
これからが楽しみです

h2503 D70_7885

h2503 D70_7751

h2503 D70_7782

h2503 D70_7752

h2503 D70_7952

h2503D70_7695.jpg

h2503 D70_7701

h2503 D70_7722

h2503 D70_7851
h2503 D70_7858
関連記事
スポンサーサイト

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント