安房の名物

房総半島の紅葉を楽しむ旅で、初めて知った自然薯
房総半島の山間部の名物だ
まるでゴボウのような自然薯は、小松寺や養老渓谷、亀山湖などで売っていた

養老渓谷をしばし歩いた後に、養老温泉を楽しんだ
温泉の泉質はヨードを含んでいる
通称黒湯といわれ、真っ黒なお湯だ
美肌効果があるという女性には嬉しい
2011_1202BH24.jpg


ここで頂いた昼食は、名物麦とろめし
自然薯を使うので、冬季限定
これがとても旨い
自然薯の風味は、その土地のうまみを抱き込んでいる
2011_1202BHとろろ


房総は、なんといっても海鮮ものが名物
良港と漁場に恵まれて、近海物の魚がおいしい
ランチにしては多すぎるけれど、このお店には寄らない訳にはいかない
思いっきり楽しめるお店だ
出し物は、海鮮の丼、定食
天丼は、巨大なエビが2本とかき揚げ
海鮮丼は、マグロのトロ、中トロがあふれんばかり
刺身定食は見ての通り・・・・
しかもリーズナブルな値段
2011_1202BH海鮮
関連記事
スポンサーサイト

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント