本土寺のアジサイ

松戸市の本土寺へ行ってきました
鎌倉時代、元寇の脅威にさらされた最中の1277年に、本土寺が創建されました
多くの重要文化財を持つ一方、1000本のカエデ、5000株のハナショウブ及び10000株のアジサイが見事なお寺でもあります
花や効用を目当てに多くの参拝者が来る、人気のお寺です

今日の目当ては、花ではなくてカワセミです
知人から、「本土寺の池には人を恐れないカワセミが目の前まで来てくれる」と聞いて出かけました
境内は、アジサイと花菖蒲を目当てに多くの人が押し寄せていました

カワセミの池に一目散に行ってみると、多くの人だかりです
しかし、鯉と羊草の美しさに集まった人でした
カワセミは不在
場内を一周して暇をつぶし、池に再度到着しても、カワセミは現れません
何度か同じことをしてカワセミを待ちました
今日はどうやら、来てくれそうもありません
アジサイの写真だけが、カメラに収まりました

待ちくたびれた頃は、雨模様になってしまいました
雨に追われるように、本土寺を後にしました

DSC_5449本土寺

D70_3953本土寺

NMS_5416本土寺

D70_3980本土寺

DSC_5446本土寺

DSC_5433本土寺

DSC_5442本土寺

DSC_5440本土寺
関連記事
スポンサーサイト

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント