軽井沢のパワースポット・離山

旧軽井沢と中軽井沢の間に、離山があります
雲場池から1㎞ほどで上り口に着きます
標高1250mのすり鉢状の小山です
軽井沢そのものの標高が高いので、1時間足らずで頂上に着くのですが、見晴らしが良いのです
その形から、テーブルマウンテンと呼ばれて、親しまれている離山
遠くから離山を見ると、まるでセドナのボルテックスのようで、パワーを感じます

5月末に離山を登山した時は、新緑が眩いほどでした
登山道では、キビタキが鳴きツツジが咲き、キセキレイが遊んでいました
頂上に登ると視界が開け、浅間山が大きく見えました
歴史民俗資料館脇からも登山道があります
軽井沢へ行ったら、足を運んではいかがでしょう

軽井沢ナビで紹介された、テーブルマウンテン
main[1]

登山道と花と鳥と浅間山
D70_2141軽井沢

D70_2168軽井沢

D70_2171軽井沢

D70_2415軽井沢

D70_2188軽井沢

D70_2201軽井沢

D70_2208軽井沢

D70_2220軽井沢

D70_2229軽井沢

D70_2251軽井沢

D70_2254軽井沢

D70_2296軽井沢

関連記事
スポンサーサイト

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント