宮島沼のマガン

北海道美唄市の宮島沼は、マガンの渡りの中継点として多くのマガンが来ている
シベリアやアラスカ、カナダ北部から、越冬のため日本にやってくる
かつては日本のいたるところで、マガンが越冬したという
今は、宮城や新潟、石川で越冬するのみになった
宮島沼は、北から南下するマガンの休憩地
一週間前から、3~4万羽がやってきては、南へ向かっている
本州のマガン越冬地では、これから集まるマガンが数十万羽になる
宮城の蕪栗沼で見たマガンのねぐら入りや朝立ちのすごさは、忘れられない
小学校の同期会のために来道、わずかな時間だけだがマガンを見ることができて、良かった











関連記事
スポンサーサイト

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ケノーベルからリンクのご案内(2013/10/05 08:44)

美唄市エージェント:貴殿の記事ダイジェストをGoogle Earth(TM)とGoogle Map(TM)のエージェントに掲載いたしました。訪問をお待ちしています。