都心の秋・湯島聖堂

秋葉原から、神田明神、湯島聖堂へ歩くと、都心は晩秋だった
紅葉した葉は多くが落葉し、モミジの黄色がまだ枝にへばりついて金色に光っていた

湯島聖堂は寛永9年に由来し、徳川家綱がこの地に移設した
数度の江戸大火で被災してかつての面影はほとんどない
現在のものは、関東大震災で罹災炎上し、その後再建されたものだ
入徳門を入ると巨大な孔子ゆかりの「楷の木」の黄葉が見事だった

D70_7487湯島聖堂

D70_7484湯島聖堂

D70_7479湯島聖堂

D70_7472湯島聖堂

D70_7465湯島聖堂

D70_7462湯島聖堂

D70_7449湯島聖堂
関連記事
スポンサーサイト

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント