江戸川土手を歩いて柴又へ

師走に入ってすぐ、みて歩こう会の今年最後のイベントがありました
金町から江戸川の土手を歩き、矢切の渡し、山田洋二ミュージアム、寅さん記念館、山本亭、帝釈天と巡りました
土手を歩くと心地よく、上着を一枚脱いでしまうほど温かい師走の初旬でした
寅さん記念館、山田洋二ミュージアムでは、懐かしいシーンに出会って和めました
昭和の良き時代を思い出します

隣接した山本亭は昭和初期の日本建築です
いたるところに懐かしい日本間を、欄間は子供の頃暮らした家を思い出させてくれました
帝釈天は大銀杏の黄葉が存在感をしめし、お参りに来る人たちの目を奪っています
門前のとらやで昼食、そして名物の団子をほおばり、柴又を満喫した一日でした

2)江戸川土手を歩く

4)山田洋次ミュージアム

6)大正昭和初期の日本建築、山本亭

7)山本亭、欄間が懐かしい

D70_0217.jpg

D70_0215_201312132256243cb.jpg

9)大銀杏が金色だった帝釈天

8)帝釈天
関連記事
スポンサーサイト

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント