プリンター修理

年賀状の印刷が残り50枚ほどになって、プリンターがおかしい
チェックしろとのメッセージがたまに出て、そしてとうとうエラーメッセージを出して、STOP
仕方なく、かみさんのプリンターで年賀状は完成しました

さて、プリンターの修理を検討していると、インク溜がいっぱいになってるかも・・・と疑い始め、Netで調べるとその可能性が大きいことになり、プリンターを解体しました
プリンターのケースは上下左右に分解できるはず
でも、手がかりがなかなかつかめない
上手くできているものだと、感心するのみでしたが、しかし手がかりがつかめたら後は簡単でした
 
解体して上部ケースを外したプリンター
プリンター1

プリンター2


上部を外し、メカ部分を取り出し裏側を見ると、インクノズルチェックなどで吐出したインクはチューブを経由して下部のケースについているインク溜に貯められます
透明なチューブにはヘドロのようなインクが詰まっていました
プリンター3


そして、下部のインク溜には、高粘度のインクのインクがたっぷりたまっています
プリンター4


これらを清掃して(手が真っ黒になりました)組立たプリンターは、無事仕事を再開してくれました
プリンター5

プリンター6
関連記事
スポンサーサイト

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント