房総のむら

冬の房総のむらは、雪が少し残っていた
先週の事だった
隣接する坂田ヶ池や古墳の北側には真っ白な雪のパッチワークが美しい
房総のむらの重なる屋根は燻したような銀色に輝き、冬の弱々しい陽射しを感じた
それは表現に困る美しさだった

冬の農家は、寒さを感じさせないどっしりとした暖かさがあった
商家の並ぶ通りは、朝早い様相だった
多分これから人通りが増えるのだろう
小さな武家屋敷はとても興味があって覗いてみた
商家や農家と比べるととても貧弱で小さな武家屋敷だった
それでも、家の中は片意地を張っていた

IMG_0976房総の村

IMG_0978房総の村

IMG_0980房総の村

IMG_0984房総の村

IMG_0981房総の村

IMG_1004房総の村

IMG_0997房総の村

IMG_0995房総の村

IMG_0996房総の村

IMG_0998房総の村
関連記事
スポンサーサイト

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント