少しだけ安心

1週間前、愛犬のミキが突然重病になりました
日曜日の朝、いつもの散歩にダイと一緒に出掛けたのですが、ミキのおしっこの色が異常でした
赤黒い血尿でした
獣医の先生に診てもらうと、溶血性貧血でした
場合によってはすぐに生命の危険があります
先が真っ暗でした
今夏の北海道長期ステイはペンディング
ミキの命を守ることが先決です

多量のステロイドと免疫抑制剤、抗生剤の投与をしました
ミキはぐったりとして寝るばかり
何も食べず、わずかに水を飲む日が三日続きました
薬の効果があり、尿は正常に戻り水を多量に飲むようになりました
しかし食欲はゼロ、何も食べません
薬の副作用でした
投薬をやめて注射にしたところ、昨日から微量ですが食べて、今日は自ら食べ始めました
歩いて外へ行けるようになり、垂れ下がったままのしっぽが上を向き、外出から帰った私を玄関まで迎えに来てくれました

少しだけ安心
でも、闘病は始まったばかりです
(写真は、夏休みの北海道でのミキとダイ、病院で検査待ちのミキ)

D70_0032ミキとダイ

DSC_7021ミキとダイ

D70_0446ミキとダイ

D70_9925ミキとダイ

DSC_6159ミキとダイ

DSC_6974ミキとダイ

miki.jpg



関連記事
スポンサーサイト

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント