アカハラとアナグマ

八千穂高原の山荘に毎夜アナグマが来るという
寝静まった頃、やってくる
野鳥の餌代によじ登り、一心不乱に食べる
こうなったら、明かりをつけようが人が居ようがお構いなし
実に悠然としている
この山荘に気を許すまでになっているのだろう
よく見ると、実に愛らしい顔をしている
目は優しそうだ
危機に出会うと死んだふりをするという

穴熊とは全く関係ないけれど、この山荘の横のゲレンデにアカハラがいた
この家華原は、山荘の庭にやってきてなかなか帰らない
やはり、ここが好きなんだろう
山荘の庭の木の枝や草原で遊んでいる

八千穂高原は、野生動物に優しい所の様だ

八千穂山荘にやってきたアナグマ

D70_1947アカハラ

D70_1980アカハラ

D70_1968アカハラ



関連記事
スポンサーサイト

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント