山田梨園の幸水

4年ぶりの関東の夏は、体にジワジワとこたえる
さすがに湿度の高さは我慢できそうもなく、エアコンをつけてしまう
北海道は湿度が低いので、昼のカンカン照りの暑さもさほど体にこたえなかった

今頃の楽しみは幸水の味
北海道に避難していた数年間の夏は、旬の幸水を食べる機会を失っていた
今年は梨の出来が早いという
いつも獲れたての幸水を食べるのは、山田梨園のもの
行ってみると、多くの梨の収穫が終わっていた
それでも、たわわになっている梨の巨木を見ると幸水の季節を感じる
みずみずしくて、きめ細かな肉質、柔らかな歯ごたえ、ほのかな甘さがとてもいい

いつも商品にならない半端ものもいただいて、ワインで煮る
これを冷やして、冷菓としていただくのが、我が家の夏の風物
もちろん山田梨園にも冷菓を届けた
美味しい梨の産地の近くに住む恩恵を、毎夏味わっていたのを、思い出した

D70_6474山田梨園

D70_6442山田梨園

D70_6458山田梨園

D70_6468山田梨園

D70_6478山田梨園

D70_6489山田梨園

D70_6499山田梨園

D70_6512山田梨園

D70_6516山田梨園
関連記事
スポンサーサイト

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント