10万羽のマガン、朝の飛び立ち

宮城県の伊豆沼、蕪栗沼、化女沼の越冬マガンは、総計で20万羽を超えると言われてる
その内10万羽を超える蕪栗沼のマガン
夜明けとともに一斉に飛び立つ

この日の日の出は6時50分
マガンの最初の飛び立ちがあったのは、黎明の6時27分
小規模だが一集団が飛び立った
凍てついた沼でマガンが動き出した
飛び立ち1

飛び立ち2


同じ様な規模で次々に飛び立つと、触発されて一斉に飛び立つ
飛び立ち3

やがて鳴き声が大きくなると6時39分には大集団が飛び立った
この大集団には、声も出ず、シャッターを押すのも忘れるほどのインパクトがあった
騒々しさは、はばたく羽音と鳴き声だ
興奮しながらの目覚めと飛び立ちで、空の色が変わった
飛び立ち4

飛び立ち5

大集団が次々に飛び立つと、湖面にはマガンの姿はもう見えない
6時50分、山間から日の出だ
朝日を見ながら、宿へ帰った
飛び立ち10

飛び立ち11
関連記事
スポンサーサイト

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント