世界遺産 富岡製糸場

つい最近、世界遺産になった富岡製糸場に行ってきました
明治維新政府の富国強兵政策の一つとして、日本の絹産業の礎となった施設です
海外貿易で収入を得る一つの手段として、絹に着目
フランスの中古の製糸器と、フランス人の技術者の指導の下はじめられ、経験を積んだ技術者や女工は全国各地での指導的役割を担ったと言います
建物の多くは明治5~6年に建てられたものが、現在も維持されています
これまでの長期間多くの人たちに受け継がれ、操業が停止した後も一企業の熱意で維持されてきました
乾燥場など一部は、昨冬の大雪で倒壊して、復旧の予定でした

建物はとても懐かしい感情を抑えきれないものです
女工の寄宿舎、フランス人技師の住んでいた館、大きな煉瓦造りの工場、白ペンキ塗りの木造の建造物・・・・
先ずは、その外観を!

D70_3857富岡

D70_3831富岡

D70_3904富岡

D70_3907富岡

D70_3918富岡

D70_3934富岡

D70_3937富岡

D70_3940富岡

D70_3945富岡

D70_3869富岡

関連記事
スポンサーサイト

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント