世界遺産富岡製糸場の街

富岡製糸場の外観は、明治の息吹を感じさせるものでした
工場の内部はすべて見ることはできませんが、中古の機械とはいえ、日本人技術者の工夫で大きく改善されたもの
近代日本が技術立国として目指したものの一つでした
また、工場の建物の配置や作り方は、その後の日本の工場の手本になったのでしょう
私が大学を出て就職した工場にも、名残が残っていたようです
とても懐かしさを感じたのは、そのせいだったのでしょう

世界遺産のある街は、やはり雰囲気に歴史を感じさせます
市内に加賀前田家、前田利家の五男利孝の七日市藩邸があります
街の周辺の水田は黄金色になり、実り大きな秋を迎えていた

D70_3959富岡

D70_3901富岡

D70_3887富岡

D70_3883富岡

D70_3879富岡

D70_3876富岡

D70_3827富岡

D70_3970富岡

D70_3972富岡

D70_3973富岡

D70_3989富岡

D70_3994富岡

関連記事
スポンサーサイト

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント