高橋是清邸

6度目の大蔵大臣に就任した高橋是清
その当時、インフレが予期されたのでこれを抑えようとして軍事予算の縮小を図った
それが原因で昭和11年の二二六事件において、赤坂の自宅二階で反乱軍の青年将校らに胸を6発撃たれ殺された
その現場が、高橋是清邸の2階で、東京赤坂にあったものを移設した
2階の書斎は是清の無念な姿を思い描くことができそうだった
6度も大蔵大臣に就任した是清の館は、広くて贅沢なものだ
江戸東京博物館には、多くの歴史を背負った建物があった

D70_3503高橋

D70_3500高橋

D70_3499高橋

D70_3496高橋

D70_3486高橋

D70_3482高橋

D70_3481高橋

D70_3480高橋

D70_3478高橋

関連記事
スポンサーサイト

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント