江戸東京たてもの園 三井八郎右衞門邸

江戸東京たてもの園の西ゾーンにある三井八郎右衞門邸です
昭和27年(1952年)に西麻布にに建てられたそうです
三井家11代、三井八郎右衛門高公が戦災で焼けた邸宅に代わって建てたたもので、京都油小路、神奈川大磯、世田谷用賀、今井町の三井家の施設から建築部材、石材、植物などが集められ建築
明治30(1897年)京都に建てられ客間と食堂部分、南側にある望海床は大磯の別荘より移築されて、明治7年(1874年)の建築当初に復元された土蔵とともに三井邸を構成しています

D70_3691三井

D70_3693三井

D70_3699三井

D70_3696三井

D70_3707三井

D70_3706三井

D70_3702三井

関連記事
スポンサーサイト

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント